【全英シングルチャート】ケイト・ブッシュ「神秘の丘」が3週目の1位を獲得!ビヨンセがトップ5入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Kate Bush(ケイト・ブッシュ)の1985年のヒット曲「Running Up That Hill(邦題:神秘の丘)」が3週目の首位を獲得しました。

YouTubeKate Bush – Running Up That Hill – YouTube

ケイト・ブッシュが全英チャートで1位を獲得するのは1978年のデビュー曲「Wuthering Heights(邦題:嵐が丘)」以来2度目となり、44年ぶりの快挙。先週、ケイトはBBC Radio4の番組「Woman’s Hour」に、Netflixのストレンジャー・シングスで使用された後の曲の更新された記録的な成功について、珍しいインタビューを行い、彼女の音楽が「まったく新しい聴衆に届いた」ことは「素晴らしい」と語っています。またこれまで1位を獲得していた「嵐が丘」は4週1位を獲得しており、この記録が更新されるかにも注目が集まっています。

そして先週2位だったHarry Styles(ハリー・スタイルズ)「As It Was」が3位に後退し、スコットランドのダンスデュオ、LF System(LFシステム)の「Afraid to Feel」がランクアップ。2位に浮上してきました。「Afraid to Feel」は7/1にミュージック・ビデオが公開され、さっそく話題を呼んでいます。

YouTubeLF SYSTEM – Afraid To Feel – YouTube

YouTubeHarry Styles – As It Was – YouTube

続く4位には、Beyoncé(ビヨンセ)の新曲「Break My Soul」が急上昇。先週21位からの大幅なランクアップでトップ5入りとなりました。ビヨンセが自身の楽曲でトップ5入りを果たすのは2011年に3位を記録した「Best Thing I Never Had」以来となり、11年ぶりの快挙となりました。

YouTubeBeyoncé – BREAK MY SOUL – YouTube

5位は先週と変わらずGeorge Ezra(ジョージ・エズラ)の「Green Green Grass」。ロンドン出身のシンガーソングライター、Cat Burns(キャット・バーンズ)の「Go」は6位に、Lizzo(リゾ)の「About Damn Time」が7位とそれぞれ後退。

YouTubeGeorge Ezra – Green Green Grass – YouTube

YouTubeCat Burns – Go – YouTube

YouTubeLizzo – About Damn Time – YouTube

8位にはDrake(ドレイク)「Massive」が先週と変わらずキープ。先週3曲をトップ10に送り込んだドレイクですが、今週は「Jimmy Cooks」、「Falling Back」がトップ10圏外へランクダウンとなり、今作だけキープする形となりました。

YouTubeDrake – Massive – YouTube

9位にはTion Wayne(ティオン・ウェイン)「IFTK」が先週12位から返り咲き。10位にはハリー・スタイルズ「Late Night Talking」がランクインしています。

YouTubeTion Wayne – IFTK (Feat. La Roux) – YouTube

YouTubeHarry Styles – Late Night Talking – YouTube

今週はトップ10以下から数曲、トップ10入りを狙っている曲があり、これらの動きは来週も注目。まず数度にわたってご紹介してきたDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)Becky Hill(ベッキー・ヒル)Ella Henderson(エラ・へンダーソン)を迎えた「Crazy What Love Can Do」が11位と最高位を更新。エラ・へンダーソンはゲスト参加したNathan Dawe(ネイサン・ドウ)の新曲「21 Reasons」も上昇しており、13位と最高位を更新しています。

YouTubeDavid Guetta & Becky Hill & Ella Henderson – Crazy What Love Can Do – YouTube

YouTubeNathan Dawe x Ella Henderson – 21 Reasons – YouTube

そしてビルボードホット100ではトップ10入りを果たしたJoji(ジョージ)の「Glimpse of Us」が12位に上昇。大阪出身、日本とオーストラリアのハーフであるジョージの新作はオーストラリアで4位と初のトップ10入りを果たしており、Spotifyのグローバルチャートでも1位を獲得。今後も上昇が期待できます。

YouTubeJoji – Glimpse of Us – YouTube

先週のリリースで話題となったCharlie Puth(チャーリー・プース)とBTSのJung Kook(ジョングク)のコラボ曲「Left And Right」は41位に、Eminem(エミネム)Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)のコラボ曲「From The D 2 The LBC」は51位にそれぞれ初登場でランクインしています。

YouTubeCharlie Puth – Left And Right (feat. Jung Kook of BTS) – YouTube

YouTubeEminem & Snoop Dogg – From The D 2 The LBC – YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事