シェリル・クロウが5月発売のドキュメンタリー映画からのアルバムから新曲「Forever」のミュージック・ビデオを公開

30年近くにわたるキャリアにおいて、グラミー賞9回受賞、全世界アルバム売上枚数5,000万枚以上を誇るシンガー・ソングライター、Sheryl Crow(シェリル・クロウ)が5月6日にリリースされるアルバム『Sheryl: Music From The Feature Documentary(シェリル:ミュージック・フロム・ザ・フィーチャー・ドキュメンタリー)』からの新曲「Forever(フォーエヴァー)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Sheryl Crow - Forever - YouTube

ソングライターのJeff Trott(ジェフ・トロット)と共作した今作「Forever」は、あなたができる間、そして本当に存在している間、深いつながりを大切にすることについての歌として説明されており、Brian Morrow(ブライアン・モロー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、シェリルの幼少期の映像、スタジオコンテンツ、子供たちとの撮影を活用して、芸術的な優しさで現在の瞬間の重要性を伝えた内容になっています。

3月11日、米音楽イベントSXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)で初公開されたドキュメンタリー・フィルム『Sheryl』では、性差別、年齢差別、うつ病、がん、名声の代償と戦いながら、才能を発揮していく、シェリルの音楽キャリアを追った物語となっています。

このドキュメンタリーから35曲を収録したアルバム『シェリル:ミュージック・フロム・ザ・フィーチャー・ドキュメンタリー』が5月6日にリリース。「イフ・イット・メイクス・ユー・ハッピー」、「ソーク・アップ・ザ・サン」、「オール・アイ・ワナ・ドゥ」などの世界的大ヒット・シングルやライヴ・トラック、『スレッズ』(2019)収録の豪華ゲストとのデュエット曲、そして「Forever」を含む新曲も3曲収録される予定。

「ドキュメンタリーの公開を楽しみにしていました。私の物語を通して、人々が強さと勇気を見出してくれたら嬉しいです。何年にも亘る素晴らしい思い出の旅でした。エイミー・スコットが私の人生について作った美しいドキュメンタリーを誇りに思います」(シェリル・クロウ)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。