英エクスペリメンタル・ポップ・アーティストShygirlが新曲「Come For Me」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

UKのエクスペリメンタル・ポップ・アーティストShygirl(シャイガール)が9月30日(金)に発売するデビュー・アルバム『Nymph』からリードトラック「Firefly(ファイヤーフライ)」に続く新曲「Come For Me(カム・フォー・ミー)」をリリースし、ヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Shygirl – Come For Me – YouTube

本作のプロデュースを手掛けたのは、ベネズエラのプロデューサーでアヴァン・ポップ・アーティストのArca(アルカ)。2020年のArcaのアルバム『KiCk i』収録曲「Watch」にShygirlが参加するなど、Arcaとはかねてより親交がある2人。楽曲中でShygirlが「呼ばれたら来て/私がリードすれば楽勝」と歌うように、本作ではShygirlの周りを制するパワーを感じることができ、エレクトロニック・ダンスミュージックの様々な側面を表現したダンストラックとなっています。

9月30日(金)に発売される待望のデビュー・アルバムのトラックリストは現在まで非公開となっていますが、全12曲が収録される予定。同作には、Mura Masa、Arca、Sega Bodega、Karma Kid、Cosha等の親しい友人や以前コラボレーションをしたアーティストが参加しており、Noah Goldstein、Danny L Harle、 BloodPop、Vegyn、Kingdomなどのプロデューサーと共に制作が行われました。アルバムでは実験的なヴォーカルの質感とダンス・メロディーで、Shygirlの内に秘めた自己を表現しています。

Shygirlは2020年にEP『ALIAS』を発表して以来、世界中で高い評価を獲得。同作のリミックスEPには、ArcaをはじめBasement JaxxやLSDXOXO、Boys Noize等が参加し、エレクトロ・ミュージック・ファンを中心に大きな話題となりました。また、様々なアーティストとコラボレーションを果たしており、 英ラッパーslowthaiを客演に迎えたシングル「BDE」のリリースや、FKA Twigsの最新作収録の「papi bone」への参加、Mura Masaと共にLady GagaとBLACKPINKの楽曲「Sour Candy」のリミックスを手掛けるなど、活動の幅を広げています。

ヴェールに包まれた待望のデビュー・アルバム『Nymph』のさらなる詳細は、近日公開される予定。

Shygirl Photo by Jacqueline LandvikShygirl Photo by Jacqueline Landvik

■リリース情報

Shygirl「Come For Me」

New Single 「Come For Me」
発売日:2022年6月7日(火)
再生/購入リンク

■リリース情報
New Album 『Nymph』
発売日:2022年9月30日(金)
※トラックリストは近日公開予定

■バイオグラフィー
ロンドンを拠点に活動するアーティスト。英アンダーグランドのシーンで最も重要な集団の1つである新鋭クラブ・レーベル〈NUXXE〉の創設者の1人でもある。2016年発表のデビュー・シングル「Want More」を皮切りに、ダブル・シングル『MSRYNVR』やEP『Cruel Practice』など毎年コンスタントに作品を発表。オーディエンスの心を掴むライブ・パフォーマンスで世界各地でカルト的な人気を博し、2019年には〈NUXXE〉の共同主宰者でもあるcoucou chloeと共に初来日を果たした。2020年には、Arcaの最新アルバム『KiCk i』収録曲「Watch」に参加し、後にコラボ・シングル「unconditional」をBandcampでリリースし収益の全てを寄付した。2020年11月、新EP『ALIAS』をリリース。2021年6月、 英ラッパーslowthaiがフィーチャリング参加した新曲「BDE」をリリース。2022年9月、待望のデビュー・アルバム『Nymph』をリリースする。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事