豪5人組バンドParcelsが待望の2ndアルバム『Day/Night』を11月にリリース!新曲「Somethinggreater」のミュージック・ビデオも公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

卓越したアレンジ力で日本でも高い人気を誇る豪5人組バンド、Parcels(パーセルズ)が国内外で高い評価を獲得した2018年発売のデビュー・アルバム『PARCELS』(2018年)に続く、待望のセカンド・アルバム『Day/Night(デイ/ナイト)』を11月5日(金)にリリースすることを発表。新曲「Somethinggreater」のミュージック・ビデオも公開しました。

YouTubeParcels – Somethinggreater – YouTube

本作はウェスタン・フォークやクラシック・ポップを取り入れたサウンドで、バンドが「カウボーイ・ディスコ」と表現する新しいサウンドを生み出した最新作。

パリの<La Frette Studios>にレコーディングが行われ、バンドの自身がプロデュースを手掛けており、ミックスには英エレクトロ・デュオSimian Mobile DiscoのメンバーでありArctic Monkeys等を手掛けるプロデューサーのJames Ford、ストリングスのアレンジにはArcade Fireの長年のコラボレーターとしても知られるカナダのミュージシャンOwen Pallettを起用しています。

バンドの野心溢れる本作は、2枚の独立したアルバム『Day』と『Night』で構成されており、先行配信されているシングルの「Free」、「Comingback」、そして本日新たに解禁された「Somethinggreater」を含む全19曲が収録。

また本日解禁となった新曲「Somethinggreater」についてバンドは以下のようにコメントしています。

「2020年の初めにNoahが聴かせてくれたデモには、僕ら全員が特に盛り上がったコーラス・ラインが入っていました。アンセムのような仕上がりで、僕たちがアルバムを通して表現していることにぴったりだと感じました。僕たちはベルリンのリハーサル室でこの曲を演奏したのですが、コーラスのグルーヴが一気に出てきて、ライブ・ジャムでしか得られないような特別な瞬発性があり、結果的に何時間も演奏し続けました。(ドラムの)Anatoleは夜のクラブで迷子になった時のように涙を流していましたが、僕らは本当に特別なものを手に入れたと感じました。「検索」と「発見」という明確なメッセージを持っている「Somethinggreater」は、<La Frette Studios>に入って最初に録音するのに最適な曲でした。」

11月5日(金)に発売されるニュー・アルバム『Day/Night』では、アイデンティティと匿名性、家族と独立、帰属意識と孤立、ノスタルジアと投影など、自分と自分の影という真逆のテーマに取り組んでおり、循環的で、終わりから始まりまで完全にループしており、これはアルバムのテーマである自己の内面と外面、そして自然界の絶え間ない変化を反映したものとなっています。

バンドは150ものデモを持っていましたが、最終的に40曲まで絞り込みスタジオに持ち込みました。いくつかのお気に入りの曲は絞り込んだリストの中に入りませんでしたが、バンドは最終的には「音楽にとって何が正しいか」を基準に楽曲を選択。バンドは「これは“Overnight”という曲を作った時に、Daft Punkの2人から学んだことです。個々の良さではなくて、それぞれのパートを結集させることが大切なんです」と語っています。

本作はデジタルダウンロードとストリーミングの他、2枚組のLPとCDでリリースされる予定となっています。

YouTubeParcels – Comingback – YouTube

YouTubeParcels – Free – YouTube

■リリース情報

Parcels『Day/Night』

アルバム『Day/Night』
2021年11月5日(金) CD、LP、デジタルにて
再生/購入リンク

■トラックリスト

【Day】
1. LIGHT
2. Free
3. Comingback
4. Theworstthing
5. Inthecity (Interlude)
6. NowIcaresomemore
7. Somethinggreater
8. Daywalk
9. Outside

【Night】
1. SHADOW
2. Neverloved
3. Famous
4. Icallthishome
5. LordHenry
6. Thefear
7. Nightwalk
8. Reflex
9. Once
10. Inside

■バイオグラフィー

Parcels(パーセルズ)Parcels(パーセルズ)

2014年結成。豪バイロンベイ出身の5人組ポップ・ファンクバンド。70~80年代から影響を受けたファンクディスコと現代的なエレクトロ・ミュージックが相まった独特のサウンドに注目が集まり<Kitsuné Label>と契約。2017年にシングル「Over Night」をリリース。ダフト・パンクが初めて他のアーティストをプロデュースしたことで大きな話題となった。2017年、で初来日。2018年10月、セルフ・タイトルのデビュー・アルバム『Parcels』をリリース。女優ミラ・ジョヴォヴィッチを起用したミュージック・ビデオ「Withorwithout」でも話題に。2019年1月、渋谷WWWにて行われた単独来日公演は即ソールドアウトとなり日本でも高い人気を誇っている。2020年には、ライブアルバム『Live Vol.1』をリリースした。 2021年11月、待望のセカンド・アルバム『Day/Night』をリリースする。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事