米ポップ・デュオjoanが日本発トリリンガルアーティストNOAを迎えた「superglue」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカはアーカンソー州を拠点に活動するポップ・デュオ、joan(ジョーン)がこの度、デビュー・アルバム『superglue』のタイトルトラック「superglue」を、作曲、作詞、ダンスの振付まで手掛ける、日本のトリリンガル(日本語・英語・韓国語)ソロアーティスト、NOAとコラボレーションをした「superglue feat. NOA」をリリースし、NYにて3人で再会した際に撮影されたヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

joan – superglue (feat. NOA) – YouTube

2組の出会いは、ジョーンのファンであるNOAが、joanの楽曲「so good」をカバー投稿していたのを、NOAのファンがジョーンに教えたのがはじまり。ジョーンが来日した際に初対面を果たし交流を深めた後、今回のfeat.参加のオファーがあり、コラボが実現。NOAの温かく感情豊かな歌声が、情熱的なトラックに彩りを添えています。

ジョーンのメンバーであるAlan Thomas(アラン・トーマス)は、「シングル『superglue』は、僕らが書いた曲の中で最も切なく、心に響く曲のひとつなんだ。この曲はすでに世界中の聴衆に感動を与えているはずだよ」とコメントし、続けて「新米パパとして思った事は、僕らは子ども達にとって、子供たちは僕らにとっての“瞬間接着剤 (superglue)”なんだ。悲しいとき、喜びたいとき、僕たちは頼りになる。その逆もね。もしもあなたが親じゃなくたって、本当に大切な人のことを思ってこの曲を聴いてくれると嬉しいな。僕らはそれを娘たちに歌っているんだ。」と振り返っています。

そしてNOAは今回のコラボについて、「僕が大好きなjoanの『superglue』という楽曲に参加できて大変光栄に思っています。いつか叶えたかったコラボレーションが素敵な出会いをきっかけにこんなに早く皆さんにお届けできることがとても嬉しいです。僕なりの視点で書いた日本語詞、そして「superglue」という曲の持つ世界観は誰もが共感できる何かがあるはずです。ぜひ沢山の方に聴いていただきたいです。ジョーンのおふたり、そして彼らと巡り合わせてくれた僕のファンの方達にも感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。

ジョーンは2018年にAvicii(アヴィーチー)等の作品を手掛けてきたプロデューサー、Carl Falk(カール・フォーク)の耳に留まり、スウェーデンの音楽レーベルと契約しデビューEP『porta』をリリース。その後ブロック・パーティー等のサポートアクトを務め、2020年の自身の全米ツアーは完売が続出したことが話題となり、アジアでもフェスなどに出演することで世界中のファンを魅了しています。

2023年4月に自身初のデビュー・アルバムとなる『superglue』をリリースし、これまでリリースした楽曲の累計ストリーミング再生回数は1億5,000万回を超え、ストリーミングサービス全体では月間100万人以上のリスナーが彼らの音楽を聴いており、多くのファンがジョーンの甘酸っぱい歌詞と心に響くメロディーの虜になっています。

2023年9月21日に渋谷WWWXでの来日公演も決まっており、4月にリリースした自身初のデビュー・アルバム『superglue』引っ提げてのパフォーマンスに大きな注目が集まっています。日本の他にはタイ、インドネシア、フィリピン、シンガポールでのアジア・ツアーを発表しており、中でもシンガポールGPという会場では16万人を動員する予定。

joan, NOAjoan, NOA

■商品情報

joan「superglue feat. NOA」

ニュー・シングル「superglue feat. NOA」
2023年8月9日(水)デジタル限定配信
試聴・購入

joan『superglue』

デビュー・アルバム『superglue』
2023年4月19日(水) 発売
試聴・購入

■来日情報
日程:東京9月21日(木)
会場:渋谷WWWX
時間:OPEN 18:00/ START 19:00
制作・招聘:クリエイティブマン
詳細はこちら

■バイオグラフィー
米アーカンソーのリトル・ロックを拠点に活動する、元々異なるプロジェクトで活動していたAlan ThomasとSteven Rutherfordから成るデュオ。2017年、ファースト・シングル「take me on」を発表。2018年、Avicii を初め数々の大物を手掛けてきた敏腕プロデューサー、Carl Falkの耳に留まりスウェーデンの音楽レーベルと契約しデビューEP『porta』をリリース。Bloc PartyをはじめThe Aces、Flor、Jeremy Zuckerの公演のサポートを務めた後、Dork誌の「2019年に注目すべきアーティスト」に選出。2020年2月にはUSツアーを実施し、ソールド・アウトが続出するなど話題となった。2023年4月に自身初のデビュー・アルバムとなる『superglue』をリリース。現在ではアメリカだけでなくアジアを中心にファンを拡大させており、彼らの甘酸っぱい歌詞とどこか懐かしさを感じるメロディーに世界中から注目が集まっている。

■リンク
アーティスト日本公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事