マネスキンが最新曲「SUPERMODEL」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Måneskin(マネスキン)が最新曲「SUPERMODEL(スーパーモデル)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Måneskin – SUPERMODEL – YouTube

Bedroom(ベッドルーム)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、『ラン・ローラ・ラン』、『レザボア・ドッグス』、ヒッチコックと1950年代のハリウッドなどの90年代の映画の混合物を参考にしたプロジェクトだったと語られており、ロンドンで撮影されお気に入りの90年代の映画からフレームショットとシーケンスを再現。探偵のB級映画を思い出させる構成の中でNina Marker(ニーナ・マーカー)や、25名ものモデルが出演した作品となりました。

「SUPERMODEL」ではバンドに新たなサウンドを追加するためヒットメイカーのMax Martin(マックス・マーティン)、Rami Yacoub(ラミ・ヤコブ)、Sylvester Sivertsen(シルベスター・シベルセン)が楽曲制作に加わり、プロデュースも行いましたが、新たなサウンドが受け入れられにくかったのか、地元イタリアでは現時点で最高位11位と、トップ10入りを逃しています。

マネスキンは北米とヨーロッパで48回のコンサートを開催する最初のワールドツアー「LOUD KIDS TOUR」のスケジュールを発表しており、北米での最初のヘッドラインツアーに加えて、イタリアのスポーツホールでのショーにいくつかの追加が含まれるようになり、以前延期されていたヨーロッパクラブツアーは、2023年にパラスポーツに移動します。さらに2022年8月20日・21日に3年ぶりに開催される音楽フェスティバル『SUMMER SONIC 2022』で待望の初来日が決定しています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事