カーリー・レイ・ジェプセンが初秋感じるアップテンポな新曲「Talking to Yourself」をリリース!公式ヴィジュアライザー・ビデオも公開

SUMMER SONIC 2022で来日を果たしたばかりのCarly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)が、次作アルバム『The Loneliest Time(ザ・ロンリエスト・タイム)』から、新曲「Talking to Yourself(トーキング・トゥ・ユアセルフ)」をリリースし、ヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Carly Rae Jepsen - Talking To Yourself - YouTube

「Talking to Yourself」は、LAを拠点に活動する3人組のDJ/プロデューサーチームであるキャプテン・カッツがプロデュースし、カーリー本人、ライアン・ラビン、ベンジャミン・バーガー、サイモン・ウィルコックスが共同作曲した楽曲。タイトルは“独り言を言っている(あなた)”という意味で、サビでは「他の誰かといる時も、私のことを想っている? / 独り言を言っているなら、私に話しかけてよ」と、パートナーの心が読めない不安な気持ちや、離れていきそうで切ない気持ちを描いており、キラキラと爽快感溢れるダンサブルなビートの中にも、切なさが入り混じったサウンドで、秋の始まりにぴったりのポップ・シングルとなりました。

今回のシングルは、来たる10月21日(金)に発売されるカーリー・レイ・ジェプセンの5枚目のスタジオ・アルバム『ザ・ロンリエスト・タイム』に収録され、既にリリースされているシングル「Beach House」と「Western Wind」に続いて3曲目の先行トラックとして機能しています。日本盤CDには、13曲とボーナス・トラック2曲が収録予定。

SUMMER SONICで来日した8月には、タワーレコード渋谷でアルバム予約者を対象としたミニライヴを披露し、一人一人のファンと終始笑顔で交流を果たしました。

自身のインスタグラムでは大ヒットとなった3枚目のスタジオ・アルバム『Emotion』のプロモーションで来日した際に渋谷のスクランブル交差点を歩く様子を収めた過去の映像と同様に、交差点を歩く様子を改めて撮影し、比較するような投稿。「あなたが7歳になったことを忘れていませんでした。」とアルバムを懐かしむコメントを寄せています。また大阪と東京、箱根や京都といくつかの場所を訪れ満喫する様子も投稿しています。

ライヴで盛り上がること間違いなしの新曲を引っさげた「ザ・ソー・ナイス・ツアー」は、来週より北米でスタート。

■シングル情報
カーリー・レイ・ジェプセン 「Talking to Yourself」 配信中
試聴・購入
■アルバム情報

Carly Rae Jepsen『The Loneliest Time』

ニュー・アルバム『The Loneliest Time』 10月21日(金)リリース
日本盤:UICS-1395 / 税込2,750円 / 歌詞・対訳・解説付き
予約はこちら
詳細はこちら

■リンク
日本公式HP
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube
LINE

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。