ザ・ビートルズ、新しい「Let It Be」のミュージック・ビデオをプレミア公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

The Beatles(ザ・ビートルズ)が新しい「Let It Be」のミュージック・ビデオをプレミア公開した。新しいビデオは、ディズニープラス「スター」で独占配信中の修復された映画『ザ・ビートルズ: Let It Be』からの映像がフィーチャーされている。

YouTubeThe Beatles – Let It Be – YouTube

1970年5月、ザ・ビートルズ解散の渦中に初めて公開されたマイケル・リンゼイ=ホッグ監督の映画『レット・イット・ビー』は、今やバンドの歴史の中で正当な位置を占めている。かつて暗いレンズを通して見られていたこの映画は、ピーター・ジャクソン監督とPark Road Post Productionによる入念な修復によって、複数のエミー賞®を受賞した2021年のドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ: Get Back』(ディズニープラスで配信中)として新しい光を浴びている。このドキュメンタリー作品は、象徴的な4人組の温かさと仲間意識を紹介し、音楽史における極めて重要な瞬間を捉えている。

『ザ・ビートルズ: Let It Be』には、『ザ・ビートルズ: Get Back』にはなかった映像が含まれており、ビリー・プレストンが加わったザ・ビートルズが、グラミー賞®を受賞したアルバム『レット・イット・ビー』の作曲とレコーディング、そしてアカデミー賞®を受賞したタイトル曲、そしてグループとして最後のライヴを行う1969年1月のロンドンのアップル・コア社の屋上へと、視聴者を誘う。

2021年、ザ・ビートルズのアルバム『レット・イット・ビー』は、プロデューサーのジャイルズ・マーティンとミックス・エンジニアのサム・オケルによってステレオ、5.1サラウンド、ドルビーアトモスでミックスされ、発売された様々なスペシャル・エディション・パッケージに収録。このアルバムのスーパー・デラックスCD、レコード、デジタル・コレクションには、27曲の未発表セッション音源、4トラックのレット・イット・ビーEP、そして1969年5月にエンジニアのグリン・ジョンズによってコンパイルされた14トラックの未発表ゲット・バック・ステレオLPミックスも収録されている。

Photos by Ethan A. Russell / ©Apple Corps Ltd.Photos by Ethan A. Russell / ©Apple Corps Ltd.

■商品情報
『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション
各フォーマットで発売中
【1LPピクチャー・ディスク】
<THE BEATLES STORE JAPAN限定商品><直輸入仕様/完全生産限定盤> PDJT-1030/価格:7,150円税込
詳細はこちら
【2CDデラックス】
UICY-16030/1価格:3,960円税込
詳細はこちら
【1CD】
UICY-16032/格:2,860円税込
詳細はこちら
【スーパー・デラックス(5CD + 1ブルーレイ収録)】
<輸入国内仕様/完全生産限定盤> UICY-79760/格:19,800円税込
詳細はこちら
【デジタル】
詳細はこちら

■映画情報
『ザ・ビートルズ: Let It Be』
ディズニープラス「スター」で独占配信中!
タイトル:『ザ・ビートルズ: Let It Be』(原題:Let It Be)
出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ビリー・プレストン(特別出演)
監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ
プロデューサー:ニール・アスピノール
エグゼクティヴ・プロデューサー:ザ・ビートルズ
撮影監督:アンソニー・B・リッチモンド
コピーライト:© 2024 Apple Films Ltd.(KVに関するコピーライト)
© 2024 Apple Corps Ltd. All Rights Reserved.場面写真に関するコピーライト)
公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事