第57回NFLスーパーボウルのハーフタイムショー出演効果でリアーナの楽曲が世界で上昇中

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

日本時間2023年2月13日(月)に行われた第57回NFLスーパーボウルのハーフタイムショーが反響を呼び、Rihanna(リアーナ)の楽曲が世界中で上昇しています。

YouTubeRihanna’s FULL Apple Music Super Bowl LVII Halftime Show – YouTube

今年のスーパーボウルはアメリカでの視聴者数が平均で1.13億人となり、77%以上の世帯が視聴して、テレビ史上で歴代視聴者数2位を記録しました(第1位は2015年の第49回スーパーボウル)。番組の中でも最高視聴者数1.18億人を記録したのが、今年からApple Musicがスポンサーとなりリアーナが出演したハーフタイムショー「Apple Music Super Bowl Halftime Show」だったとのこと。出演した2月13日には、リアーナはSpotifyにて世界中で約5400万人に聞かれて、この日の最も聞かれたアーティストとなりました。

2月12日と13日の2日間では、彼女の楽曲はアメリカで6220万再生/42,000ダウンロードを記録、2月10日と11日の2日間では2580万再生/7500ダウンロードだったので、再生数は240%、ダウンロードは560%の伸びとなり、彼女のアルバム『ANTI』と『Good Girl Gone Bad』は次の全米アルバムチャート、ビルボード200の上位ランクインが確実視されています。日本でも再生数は208%、ダウンロード数は512%を記録している。

また、「Rude Boy」を披露した際には、ブラジルの20歳の青年KleanがSoundcloudにアップしていたRemixを使用したことで話題となり、リアーナの所属レコード会社のユニバーサル・ミュージックのブラジルが「ブラジルのファンクが世界一のステージに!」というコメントとともにTikTokに投稿した「Rude Boy」の動画は820万再生を超えています。

@umusicbrasil O funk brasileiro no maior palco do mundo! Rihanna colocou Rude Boy (Klean remix) no setlist do seu show no #SuperBowl ♬ som original – Universal Music Brasil

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事