エンパイア・ステイト・バスタードが9/1発売のデビュー・アルバムから新曲「The Looming」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Biffy Clyro(ビッフィ・クライ)のSimon Neil(サイモン・ニール)とMike Vennart(マイク・ヴェナート)によるエクストリーム・メタル・バンドEmpire State Bastard(エンパイア・ステイト・バスタード)が2023年9月1日(金)にリリースされるデビュー・アルバム『Rivers Of Hersey(リヴァース・オブ・ハーシー)』から新曲「The Looming(ザ・ルーミング)」をリリースし、ヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Empire State Bastard – The Looming – YouTube

今作はスローでエモーションなギター・サウンドからスタートするが、途中からDave Lombardo(デイヴ・ロンバード)のヘヴィなドラムとサイモン・ニールの絶望的なシャウトが混じり合い、終わりを予言しているようなサウンドであり、アルバムの締めには相応しいが楽曲となっています。

エンパイア・ステイト・バスタードは、Siege(シージ)、Melvins(メルヴィンズ)、Mike Patton(マイク・パットン)、そしてもちろんあのSlayer(スレイヤー)から影響を受けたバンド。サイモン・ニールとマイク・ヴェナートの理想のバンドを作るためには最高のバンド・メンバーを見つける必要がありました。バンド・メンバーを見つけることに苦労していた彼ら、もはやDave Lombardo(デイヴ・ロンバード)本人に声をかけ、バンド・メンバーとして加入。そしてベースとしてBitch Falcon(ビッチ・ファルコン)のNaomi Macleod(ナオミ・マクラウド)がバンドをジョインすることによりバンドは完成。

デビュー・アルバム『Rivers Of Hersey』は様々なメタルの様子を含む作品に仕上がっており、まるでシージとスレイヤーがコラボレーションしたかのような楽曲(「Stutter」、「Palm of Hands」)、カオスとグランドコアが交わる楽曲(「Blusher」、「Sold」)、スローモーションでストーナー・ロックな楽曲(「Sons and Daughters」)、最も衝撃を受けるであろう楽曲(「Tired, Aye?」)等々を収録。

楽曲のみならず、サイモン・ニールはシャウトからMorbid Angel(モービッド・エンジェル)やMayhem(メイヘム)のようなグロウルの歌声にも注目必須。

エンパイア・ステイト・バスタードは2023年にUKのDownload Festival、その他HellfestやWacken等ヨーロッパの大型メタル・フェスティバルの出演が決定しています。

Photo Credit Gavin SmartPhoto Credit Gavin Smart

■商品情報

Empire State Bastard『Rivers Of Hersey』

アーティスト:Empire State Bastard / エンパイア・ステイト・バスタード
アルバム名:Rivers Of Hersey / リヴァース・オブ・ハーシー
リリース:2023年9月1日(金)
国内CDの情報:WPCR-18628 3,080円(税込)
予約はこちら

■『Rivers Of Hersey』トラックリスト
1. Harvest
2. Blusher
3. Moi?
4. Tired, Aye?
5. Sons and Daughters
6. Stutter
7. Palms of Hands
8. Dusty
9. Sold!
10. The Looming

■リンク
ホームページ
Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
ワーナーミュージック・ジャパン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事