ザ・ローリング・ストーンズの18年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Hackney Diamonds』10/20リリース決定!リード曲「Angry」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)が、18年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Hackney Diamonds(ハックニー・ダイアモンズ)』を10月20日にリリースすることを発表し、リード曲として「Angry(アングリー)」のミュージック・ビデオを公開しました。

The Rolling Stones – Angry – YouTube

アルバムは12曲入りで、トラック・リストについては後日公開予定。アルバムのレコーディングは、ロサンゼルスのヘンソン・レコーディング・スタジオ、ロンドンのメトロポリス・スタジオ、バハマのナッソーのサンクチュアリ・スタジオ、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオ、同じくニューヨークのザ・ヒット・ファクトリー/ジャマーノ・スタジオなど世界中の様々な場所で行なわれました。

本日行われたYouTubeの配信イベントでは米トーク番組司会者のJimmy Fallon(ジミー・ファロン)が司会を務め、Mick Jagger(ミック・ジャガー)、Keith Richards(キース・リチャーズ)、Ronnie Wood(ロニー・ウッド)の3人が、ステージ上でライブインタビューを受け、2005年の『A Bigger Bang(ア・ビガー・バン)』以来となる新作アルバムについて語っています。

Rolling Stones LIVE in conversation with Jimmy Fallon – YouTube

このアルバムは、偶然にも18年前の9月6日に発売された2005年の『A Bigger Bang』以来となる新曲で固められたスタジオ・アルバム。その後もストーンズはいくつもの世界規模のツアーで、売り上げ記録を破り続け、2016年には、自分たちの音楽を形成する元となった多くのブルース曲を見事なヴァージョンで演奏した『Blue & Lonesome(ブルー・アンド・ロンサム)』をリリース。このアルバムは、グラミー賞を受賞し、世界中のアルバム・チャートでトップに輝きました。そして昨年、彼らは60周年記念ツアーを行い、25万人に迫るヨーロッパの観客を熱狂させました。

『Hackney Diamonds』は、メンバーとニューヨーク出身のプロデューサー兼ミュージシャンのAndrew Watt(アンドリュー・ワット)との初めてのコラボレーション作品。

リード曲「Angry」のミュージック・ビデオは、Francois Rousselet(フランソワ・ルッスレ)が監督を務めており、新たなプロモーション用のクリップでは、エミー賞ノミネート女優のSydney Sweeney(シドニー・スウィーニー)が主演を務めています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事