トム・ヨーク、11月に初となるソロ・ツアーでの来日公演が決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Thom Yorke(トム・ヨーク)が11月に初となるソロ・ツアーでの来日公演が決定した。

photo by Michael Avedonphoto by Michael Avedon

11月12日(火)、13日(水)はグランキューブ大阪、11月18日(月)は福岡サンパレス、11月19日(火)は広島文化学園HBGホール、11月21日(木)は名古屋国際会議場センチュリーホール、11月23日(土)、24日(日)は東京ガーデンシアター、11月26日(火)はロームシアター京都と全6都市8公演が行われる。

Radiohead(レディオヘッド)、様々なソロプロジェクト・サウンドトラックプロジェクトから、そしてThe Smile(ザ・スマイル)の最新作まで、トム・ヨークのキャリアを総括するセットが披露される。

■来日公演詳細
THOM YORKE EVERYTHING
PLAYING WORK SOLO FROM ACROSS HIS CAREER
・大阪
グランキューブ大阪メインホール
11月12日(火)、13日(水)
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:キョードー西日本 :0570-09-2424
・福岡
福岡サンパレス
11月18日(月)
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:キョードー西日本 :092-714-0159
・広島
広島文化学園 HBGホール
11月19日(火)
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:YUMEBANCHI(広島) :082-249-3571
・名古屋
名古屋国際会議場センチュリーホール
11月21日(木)
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:キョードー東海 :052-972-7466
・東京
東京ガーデンシアター
11月23日(土)
OPEN 17:00 / START 18:00
11月24日(日)
OPEN 16:00 / START 17:00
INFO:クリエイティブマン :03-3499-6669 (月・水・金 12:00〜16:00)
・京都
ロームシアター京都メインホール
11月26日(火)
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:キョードーインフォメーション :0570-200-888
詳細はこちら
■チケット
S席 18,000円(税込)
A席 14,000円(税込)
クリエイティブマン 3A先行(抽選)
6/3(月)3:00pm~6/6(木)6:00pm
クリエイティブマン モバイル先行(抽選)
6/3(月)6:00pm~6/6(木)6:00pm
一般発売日: 6/29(土) 10:00am
詳細はこちら

■トム・ヨーク プロフィール
トム・ヨークはミュージシャンでありヴィジュアルアーティストであり作曲家である。
9枚のアルバムをリリースし、グラミー賞、アイヴァー・ノヴェロ賞を初め高い評価を得ているレディオヘッドのリードシンガー/ソングライターであるトム・ヨークはこの数十年で最も素晴らしく影響力のある活動が広く評価されている。バンドはロックの殿堂入りを果たし、1997年のアルバム『OK Computer』は米国議会図書館に保存されている。
レディオヘッドの他に、トム・ヨークは『The Eraser』(2006)、 『Tomorrow’s Modern Boxes』 (2014) 『Anima』 (2019)の3枚のスタジオソロアルバムをリリースしている。
また、彼はプロデューサーのナイジェル・ゴドリッチ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリー、マウロ・レフォスコらとアトムス・フォー・ピースでコラボレートし、2013年にアルバム『Amok』をリリースした。
ルカ・グァダニーノ監督によるカルト的名作映画『サスペリア』のリメイク版(2017年)のサウンドトラックを作曲するなど、映画や演劇のプロジェクトに音楽を提供してきた。先月には、ダニエレ・ルケッティ監督のイタリア映画『コンフィデンツァ』のオリジナル・スコアがリリースされた。レディオヘッドやハンス・ジマーとともにBBCの『ブループラネットII』シリーズの音楽を担当し、エドワード・ノートンの監督デビュー作『マザーレス・ブルックリン』や大ヒットTVドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』の最終シーズンにオリジナル曲を提供している。
最近では、レディオヘッドのメンバーであるジョニー・グリーンウッド、ドラマー兼パーカッショニスト兼プロデューサーのトム・スキナーとコラボレーションし、ザ・スマイルを結成した。彼らはこれまでに2枚のスタジオ・アルバム『A Light For Attracting Attention』(2022年)と『Wall Of Eyes』(2024年)をリリースしている。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事