ヤングブラッドが米人気番組「Jimmy Kimmel Live!」で行った「Tissues」のパフォーマンス・ビデオが公開

先日9月2日、今年大阪と東京で開催されたサマーソニックで待望の初来日を果たしたばかりイギリスの次世代ロック・スター、YUNGBLUD(ヤングブラッド)が米人気番組「Jimmy Kimmel Live!(ジミー・キンメル・ライブ!)」に出演し披露した、「Tissues」のパフォーマンス・ビデオが公開されました。

YUNGBLUD - Tissues (Jimmy Kimmel Live! 2022) - YouTube

The Cure(ザ・キュアー)の1985年のヒット曲「Close to Me」をサンプリングした今作はアルバムから4枚目のシングルとしてリリースされた最新曲。映像では観客席側から登場したヤングブラッドが、フリーズした人たちの中を通りステージに向かう演出が行われています。

今作が収録されたスタジオ・アルバム『YUNGBLUD(ヤングブラッド)』は全英アルバムチャートで2作目となる1位を獲得。アルバムの最終の結果が出る目前に行われたイギリスのオフィシャル・チャート・カンパニーによるインタビューでは「クレイジーなことになるよ。黄金のダックが山頂に君臨するかも。火炉の用意をしておいてくれ」と同時期にアルバム上位入りを果たしたメガデスのことも共に祝う発言を興奮した様子で答えていました。

ヤングブラッドは今作について「今までで1番パーソナルな作品だし、『ヤングブラッド』と名づけるのにこれほど相応しい作品はないんだ」と語るほどこのフルアルバムはアーティストにとっても新時代の幕開けを意味する作品となっています。

■『YUNGBLUD』トラックリスト
1. The Funeral
2. Tissues
3. Memories with WILLOW
4. CRUEL KIDS
5. Mad
6. I Cry 2
7. Sweet Heroine
8. Sex Not Violence
9. Don't Go
10. Don't Feel Like Feeling Sad Today
11. Die For A Night
12. The Boy In The Black Dress

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。