U2、ラスベガスの球体型新会場「スフィア」でのこけら落とし公演を実施。公式写真が到着

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカ現地時間2023年9月29日、U2はラスベガスの新たなコンサート会場「スフィア」(Sphere)でのこけら落とし公演である、1991年のアルバム『アクトン・ベイビー』の記念公演『U2:UV Achtung Baby Live At Sphere』をスタート。

U2U2

今回のレジデンシー公演は、2019年12月に『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』が終了して以来、約4年ぶりのコンサート。17,000人のファンを前に、『アクトン・ベイビー』収録曲の他、同日にリリースした約2年振りの新曲「アトミック・シティ」、U2のライヴに欠かせない大ヒット曲「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」「ヴァーティゴ」「ビューティフル・デイ」など22曲を演奏しました。会場のオフィシャルアカウントでその様子が公開されています。

「スフィア」は外側がLEDパネルで覆われた球体型のコンサート会場。高さ366フィート(約112メートル)、幅516フィート(約157メートル)、外側を58万平方フィート(約53,884平米)の2KのLEDが覆い、内部には16万個以上のスピーカー、120万個のLEDスクリーンの解像度は地上最大の解像度16K、総工費は約3400億円というこれまでにない画期的な会場として話題となっています。

この会場でのライヴについてはボノは以前「この会場は、観客が映画やパフォーマンスに没入できるように造られた。アイス・ホッケーの試合を観に来るための会場じゃないんだよ」「ふだん見るようなスピーカーがこの会場に並ぶことはない。建物全体がスピーカーになっているんだ。だからどの席にいても、完璧なサウンドを楽しめるというわけだ。 」と語っており、ジ・エッジも「こんな会場はこの世に一つだけだし、これに匹敵するものは、この先何年も造られることはないだろうね」とインタビューに答えていました。

今回のステージ・プロダクションに関わったクリエイター/アーティストは、40年以上U2のステージ・デザインを担当しているウィリー・ウィリアムス(ディレクター)、ブライアン・イーノ(“ターンテーブル”ステージ原案、ステージの色、照明など)、スクリーンのビデオアートを作成したマルコ・ブランミッラ(巨大なエルヴィス・プレスリー)、エス・デヴリン(ネバダ州の絶滅危機生物)、ジョン・ジェラード(“サレンダー”フラッグ)。最新鋭の会場「スフィア」の特性を最大限に生かした、アート&ミュージック・ショウとなっています。

こけら落とし公演と同日に公開された新曲「Atomic City」の後半部分にもこの「スフィア」での様子が映されています。

U2 – Atomic City – YouTube

『U2:UV Achtung Baby Live At Sphere』は12月16日まで全25公演が行われます。

Photo credit KEVIN MAZUR GETTY IMAGESPhoto credit KEVIN MAZUR GETTY IMAGES

Photo credit KEVIN MAZUR GETTY IMAGESPhoto credit KEVIN MAZUR GETTY IMAGES

Photo credit RICH FURYPhoto credit RICH FURY

Photo credit RICH FURYPhoto credit RICH FURY

Photo Credit @FlyByChicagoPhoto Credit @FlyByChicago

■商品情報

U2「Atomic City」

U2「アトミック・シティ」
U2 / Atomic City
2023年9月29日(金)配信
試聴・購入

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Instagram(海外)
X(海外)
Facebook(海外)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事