オリヴィア・ロドリゴ「vampire」新木曜ドラマ『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』の主題歌に決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2023年9月に初来日を果たすOlivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)の新曲「vampire(ヴァンパイア)」が読売テレビ・日本テレビ系2023年10月期プラチナイト新木曜ドラマ『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』の主題歌に決定しました。

『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』

主題歌に抜擢された「ヴァンパイア」はオリヴィア・ロドリゴの最新アルバム『ガッツ』からのリード曲であり、同アルバムは全英米公式チャートで初登場1位を記録。アルバムのリリースと同時にシングル「ヴァンパイア」も9月23日付の最新全米シングル・チャートで1位に返り咲いた事が発表されており、アルバム・シングル両チャートの1位を独占するという快挙を果たしています。

■『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』番組概要
きっかけは、実業家・早乙女秋生の“ホームパーティー”の流出映像。

映像に登場するのは、泥酔議員や人気俳優、アテンダーといった様々な業界の有力者たち。

映像流出から一週間後、主人公・新堂一葉の次女・梨里杏が謎のメッセージを残し、自身の通う高校で不審死を遂げる。

さらに追い打ちをかけるように、暴露系動画配信者が生配信で、『次女は担任の男性教師とパパ活をしていた』という“捏造された”スキャンダルを突然暴露。

新堂家は世間から非難を浴び、家族は大炎上する。

失意の最中、一葉は、梨里杏の不審死が、ホームパーティーが流出した実業家・早乙女家のコネと権力によって、自殺であるかのようにメディア誘導されていたことを知る。

「娘の死の謎は全て“ホームパーティー”に隠されている…」

そして、一葉と家族は復讐を誓い、実業家一家に近づくために、家族総出で壮大な“なりすまし”復讐計画を立てる!

徐々に明らかになっていく上級国民のゲスな真実、二転三転する復讐と裏切りの連鎖…。

そして、明らかになる衝撃の真実!

自殺した女子高生の母親とその家族が、愛する娘の死の真相を追うため、ホームパーティーが行われた実業家一家やその関係者に様々な姿になりすまし近づき、意外な真実を暴き復讐していく、“なりすまし”一家による復讐ミステリー!

『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』早乙女家『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』早乙女家

◆タイトル
『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』
◆放送枠・放送日
2023年10月5日(木)スタート初回放送のみ深夜00:09~
読売テレビ・日本テレビ系全国ネット毎週木曜よる11:59~0:54全10話
◆放送エリア
読売テレビ・日本テレビ系全国ネット(30局)
◆脚本
佐藤友治
(主な脚本作品:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』、『臨床犯罪学者火村英生の推理』、『ブラックスキャンダル』、『ブラックリベンジ』ほか)
◆監督
城定秀夫
(主な監督作品:『アルプススタンドのはしの方』(※日本映画プロフェッショナル大賞監督賞受賞)、『女子高生に殺されたい』、『ビリーバーズ』、『夜、鳥たちが啼く』ほか)
◆チーフプロデューサー
岡本浩一
◆プロデューサー
福田浩之
馬場三輝(ケイファクトリー)
◆制作協力
ケイファクトリー
◆制作著作
読売テレビ
◆番組公式サイト
公式HP
・公式X:@_blackfamilia_
・公式Instagram:@blackfamilia_ytvdrama ※新アカウントになりました!
・公式TikTok:@_blackfamilia_

Olivia RodrigoOlivia Rodrigo

■オリヴィア・ロドリゴ商品情報

Olivia Rodrigo『GUTS』

9月8日リリース アルバム『ガッツ』
試聴はこちら
UICF-9073 デラックス・エディション
3,630円(税込)
7インチ・サイズ紙ジャケット仕様
封入特典(20P 写真集、ポスター、ロゴ・ステッカー、トレーディング・カード 2 枚
(6種類の中からランダム封入))
・日本独自企画
・初回生産限定
UICF-1137 通常盤
2,750円(税込)
ご購入はこちら

■『GUTS』トラックリスト
1. オール・アメリカン・ビッチ / all-american bitch
2. バッド・アイディア・ライト? / bad idea right?
3. ヴァンパイア/ vampire
4. レイシー / lacy
5. バラッド・オブ・ア・ホームスクールド・ガール/ ballad of a homeschooled girl
6. メイキング・ザ・ベッド / making the bed
7. ロジカル / logical
8. ゲット・ヒム・バック!/ get him back!
9. ラヴ・イズ・エンバラシング / love is embarrassing
10. ザ・グラッジ / the grudge
11. プリティ・イズント・プリティ / pretty isn’t party
12. ティーンエイジ / ドリーム teenage dream

■リンク
日本公式HP
海外公式HP
日本公式X
X
Instagram

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事