アヴェンジド・セヴンフォールドが最新アルバム収録曲にプッシー・ライオットを迎えたリミックス・バージョン「WE LOVE YOU MOAR (feat. PUSSY RIOT)」をリリース!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

マルチ・プラチナ認定を獲得しているUS出身のメタル・バンドのAvenged Sevenfold(アヴェンジド・セヴンフォールド)が6月にリリースした通算8枚目のスタジオ・アルバム『Life Is But A Dream…』に収録されている楽曲「We Love You」をロシア出身のパンク・ロック・バンドのPussy Riot(プッシー・ライオット)とコラボレーションし、「We Love You Moar (feat. PUSSY RIOT)」をリリースし、ヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Avenged Sevenfold – We Love You Moar (Feat. Pussy Riot) – YouTube

本楽曲は、Pussy Riot(プッシー・ライオット)の創設者であるNadya Tolokonnikovaとプロデュースし、オリジナル楽曲からより危険で、ユニークなサウンドに仕上がっています。

このコラボレーションをきっかけにアヴェンジド・セヴンフォールドとプッシー・ライオットは、LGBTQの人やそのご家族のサポートとしてバラクラバ帽を販売しています。
詳細はこちら

4年の歳月をかけて書かれ、レコーディングされた『Life Is But A Dream…』は、フランス人の伝説的な作家であるアルベール・カミュの文章と哲学にインスパイアされており、歌詞は実存主義と不条理に根ざしており、残酷でワイルドなサウンドもそれを反映しています。オープニング曲「Game Over」で始まる軽快なアコースティック演奏から、エンディングのアルバム・タイトル曲の「Life Is But A Dream…」のピアノまで、アヴェンジド・セヴンフォールドは様々な拍子の中でねじれ、曲がり、もがき、悶えます。

現在までに、彼らは世界中で1000万枚以上のアルバムを売り上げ、ビルボード200アルバムチャートで2作連続1位(2010年『Nightmare』と2013年『Hail To The King』)を獲得し、さらに10億回以上のビデオ再生と10億以上のSpotifyストリーム、ロック・ラジオでの複数の1位シングルを保持。バンドは、アリーナを完売させ、世界で最も権威のあるロック・フェスティバルのヘッドライナーを務めるなど、壮大なライブ・ショーでも同様に知られています。

Avenged SevenfoldAvenged Sevenfold

■商品情報

Avenged Sevenfold「We Love You Moar (feat. PUSSY RIOT)」

アーティスト:Avenged Sevenfold / アヴェンジド・セヴンフォールド
アルバム: We Love You Moar (feat. PUSSY RIOT) / ウィ・ラヴ・ユー・モア (feat. プッシー・ライオット)
リリース:2023年10月6日(金)
楽曲リンク

Avenged Sevenfold『Life Is But A Dream…』

アーティスト:Avenged Sevenfold / アヴェンジド・セヴンフォールド
アルバム: Life Is But A Dream…/ライフ・イズ・バット・ア・ドリーム・・・
リリース:2023年6月2日(金)
日本盤CDの詳細:WPCR-18604;2,860円(税込み)
日本盤のみの初回封入特典:メンバーのスペシャル・メッセージ入りカード
※メンバーからのメッセージ(内容は見てのお楽しみ!)
購入リンク

■『Life Is But A Dream…』トラックリスト
1. Game Over / ゲーム・オーヴァー
2. Mattel / マテル
3. Nobody / ノーバディ
4. We Love You / ウィ・ラヴ・ユー
5. Cosmic / コズミック
6. Beautiful Morning / ビューティフル・モーニング
7. Easier / イージアー
8. G / ジー
9. (O)rdinary / オーディナリー
10. (D)eath / デス
11. Life Is But a Dream… / ライフ・イズ・バット・ア・ドリーム

■リンク
ホームページ
X
Instagram
Facebook
YouTube
Warner Music

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事