21 Savage の関連記事一覧

21 Savage(21サヴェージ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

21 Savage(21サヴェージ)のプロフィール

21 Savage

21 Savage(21サヴェージ)は、イングランド ロンドン、プレイストー出身のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー。本名はShéyaa Bin Abraham-Joseph(シェイヤ・ビン・エイブラハム・ジョセフ)。

イギリスのロンドンのプレイストウにあるニューハム病院で生まれ、7歳のときに母親と一緒にジョージア州アトランタに引っ越しました。彼の双子の姉妹、ダンス振付家のキーラとジェイダデイビス、そして父親はロンドンに住み続け、エモンズはウェストミンスター市議会で働いています。兄弟を麻薬取引を試みた後の銃撃で亡くしています。

7年生(日本で言う中学生)のとき、銃所持のためにディカルブ郡学区のすべての学校から永久に禁止されたため、青年拘置所に送られる前に、アトランタ首都圏周辺の学校に通うようになりました。青年拘置所から解放された後、彼は高校の学期を終える前に、代替プログラムを通じて8年生を修了。その後ブラッドストリートギャングに所属する地元のストリートギャングに加わり[9]、主に大麻を販売するフルタイムの麻薬の売人になり、強盗や車の盗難を含む他の犯罪活動にも定期的に参加したが、彼が運転していた車で密輸品が見つかった後に一度だけ逮捕されます。19歳のときには銃撃戦で右手と言われた男性、21歳のときにはライバルのギャングのメンバーによって親友を亡くしています。

親友の死後、ラップを始めるようになり、2014年11月12日、21 Savageのデビューシングル「Picky(ピッキー)」がDJ Pluggプロデュースでリリース。翌2015年にデビューミックステープ「The Slaughter Tape(ザ・スローター・テープ)」をリリースすると話題となり、アメリカのヒップホップ誌「XXL」にて「Freshman Class」に選出されました。同年デビューEP「Free Guwop(フリー・グワップ)」をリリースし、2016年にはEPからシングルリリースされた「Red Opps(レッド・ウップス)」でビルボードホット100に初めてランクインし、最終的にはプラチナ認定を受けるヒットを記録します。同年アトランタに拠点を置くレコードプロデューサーMetro Boomin(メトロ・ブーミン)との共同EP「Savage Mode(サヴェージ・モード)」をリリースしこちらもヒット。「Red Opps(レッド・ウップス)」がヒットし始めていたころにリリースしたシングル「X(エックス)」もヒットし、この曲が初めてプラチナ認定を受けました。

2017年にはエピックレコードに署名したことを発表。デビュー・スタジオ・アルバム「Issa Album(イッサ・アルバム)」をリリース。Billboard 200で初登場2位を記録し、同年Post Malone(ポスト・マローン)のシングル「Rockstar(ロックスター)」にゲスト参加し、ビルボードホット100で初の1位を獲得し世界的な知名度を得ます。2018年には2枚目のスタジオ・アルバム「I Am > I Was(アイ・アム>アイ・ワズ)」でアルバムチャートでも1位を獲得し、こちらは前作を上回るヒットを記録しました。

アルバムからJ.Cole(J.コール)を迎えたシングル「a lot(ア・ロット)」がヒット。しかしリリースから1か月後、米国の移民税関執行局(ICE)によって逮捕されてしまいます。これは2006年7月に失効したビザを不法に長期滞在した英国の市民であるため、とされるも、強制送還の公聴会の結果は保留され、無期限に延期されました。その間もミュージック・ビデオを公開するなどヒットし、第62回グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞しました。

21 Savage の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧