Missy Elliott の関連記事一覧

Missy Elliott(ミッシー・エリオット)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Missy Elliott(ミッシー・エリオット)のプロフィール

Missy Elliott

Missy Elliott(ミッシー・エリオット)はバージニア州ポーツマス出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー、ダンサー、慈善家。

4歳のときにはパフォーマーに夢を抱くようになり、勉強には興味を示しませんでしたが友情のために学校を楽しでいました。一方で知能テストで平均をはるかに上回り、2年進みましたが孤立してしまったため元のクラスに戻ったこともあったようです。また父親の家庭内暴力によって生活には多くの困難があり、14歳のとき、母がこの状況を終わらせることを決め、地元のバスに乗るという口実で娘と逃げました。その後はバージニア州ポーツマスのホッジスフェリーに住み、1990年にバージニア州ポーツマスのウッドロー・ウィルソン高校を卒業しています。その間、友人と共に、Fayze(フェイズ)と呼ばれる女性のみのR&Bグループを結成し、近所の友人でもあったTimbaland(ティンバランド)にグループのプロデューサーをお願いしてデモトラックを制作しています。

高校卒業後、1991年にニューヨークに移り、DeVante Swing(デヴァンテ・スウィング)のレーベルを通じてエレクトラ・レコードと契約し、グループ名をSista(シスタ)に改名。1993年にシングル「Brand New(ブランド・ニュー)」でデビューします。そのままデビューアルバムの制作を行いますが、結局リリースはできずに1995年レーベルは解散。その後はTimbaland(ティンバランド)とソングライティング/プロダクションチームとして協力し合い、Aaliyah(アリーヤ)の楽曲をプロデュースすると多くの曲がヒットしたため、しばらく制作業に専念します。

1996年にEast West Recordsと独自のインプリントであるThe Goldmind Inc.を設立する契約を結び、ソロアーティストとしてレコーディングしていました。Timbaland(ティンバランド)は再びプロダクションパートナーとして採用され、多くのソロリリースで彼はその役割を果たし、1997年にはデビューアルバム「Supa Dupa Fly(スパ・デュパ・フライ)」をリリース。全米3位を獲得し、120万枚以上を売り上げるヒットとなります。1999年リリースの2ndアルバム「Da Real World(ダ・リアル・ワールド)」は世界的にも成功し、600万枚のセールスを記録し、シングル「Hot Boyz(ホット・ボーイズ)」は全米5位を記録し初めてプラチナ認定を受けます。

2002年には映画「ムーラン・ルージュ」で使用されたシングル「Lady Marmalade(レディ・マーマレード)」のプロデュースを担当し、これが大ヒット。同年自身のシングル「Work It(ワーク・イット)」は全米で自身最高となる2位にランクインするヒットとなり、その年にリリースされた4枚目のアルバム「Under Construction(アンダー・コンストラクション)」は200万枚以上のセールスとなり、アメリカでは自身最大のヒットアルバムとなりました。

2005年にはシングル「Lose Control(ルーズ・コントロール)」がダブルプラチナを獲得し、全米では自身最大のヒットを記録しました。この曲が収録されている「The Cookbook(ザ・クックブック)」以降アルバムのリリースを行っておらず、当初は2008年に7枚目のアルバムリリースを計画していたようですが延期となってしまい、シングルはリリースされるもののアルバムリリースには至っていません。しかしプロデュース業は継続して行われており、多くの曲をヒットさせてはグラミー賞にノミネートされています。

Missy Elliott の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧