Sara Diamond の関連記事一覧

Sara Diamond(サラ・ダイアモンド)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Sara Diamond(サラ・ダイアモンド)のプロフィール

Sara Diamond

Sara Diamond(サラ・ダイアモンド)は、1995年1月5日生まれ25歳、カナダ・モントリオール出身、ロサンゼルス在住のエレクトロ・ポップシンガー。

幼い頃からミュージシャンとしてのキャリアを重ねており、2000年に5歳でキッズシンガーグループ「KIDZUP(キッズアップ)」に参加し、キャリアをスタートさせました。2009年にはその後 Interscope Records のヘッド Jimmy Iovine(ジミー・アイオヴィン)の目に留まりカナダのティーンポップトリオ、Clique Girlz(クリック・ガールズ)のメンバーとなるもグループは半年で解散。音楽業界に違和感を抱き、自身で制作活動を始めるようになります。

2013年から、NHLのチーム「モントリオール・カナディアンズ」の試合のシーズン中にアメリカとカナダの国歌を演奏。翌2014年、2015年にはNHLプレーオフの間にGinette Reno(ジネット・リノ)と並んでアメリカの国歌を歌いました。

2016年にシンガーソングライターとして始動。「Just Give In(ジャスト・ギヴ・イン)」をリリースし、音楽ブログNoiseyで初公開されると話題を集め、他の複数のブログの言及や記事につながり、ポッププロダクションデュオNoah Barer&Cavewerk(JUS POP)がトラックをプロデュースし、SoundCloudからリリースしました。

2016年にはカナダのデュオAdventure Club(アドヴェンチャー・クラブ)のシングル「Firestorm(ファイヤーストーム)」にゲスト参加。

2020年7月にはシングル「S.I.L.W.U.」で日本デビュー。日本中の11ものラジオ局でパワープレイやエンディングテーマに選出されました。

パワフルなヴォーカリストとしての魅力を調和させたユニークな楽曲を長年に渡り制作。R&Bやソウルが深く沁み込んだ歌声の力が、エレクトロをベースにしたクレバーなソングライティングとシームレスに融合。世界中で何百万もの人々を魅了しています。

Sara Diamond の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧