2022年のロックの殿堂候補が発表!ロックの殿堂財団CEOグレッグ・ハリスが自ら発表する動画が公開

ロックの殿堂(ロックンロールの殿堂)はオハイオ州クリーブランドに位置する博物館のこと。海外時間の2月2日、ロックの殿堂財団(Rock & Roll Hall of Fame Foundation)によって2022年新たにロックの殿堂入りとなるアーティストの候補が発表。CEOのGreg Harris(グレッグ・ハリス)が自ら発表する動画が公開されました。

2022 Rock & Roll Hall of Fame Nominee Announcement Video with President & CEO Greg Harris - YouTube

財団によると、1,000人を超えるアーティスト、音楽史家、音楽業界の専門家が候補者に投票し、アーティストやグループが他のミュージシャンに与える影響、彼らの仕事の内容、「キャリアの長さと深さ」を考慮に入れ17のアーティストがノミネートされました。

今年の入会者は5月に発表され、秋には入会式が行われます。

・Beck(ベック)
・Pat Benatar(パット・ベネター)
・Kate Bush(ケイト・ブッシュ)
・DEVO(ディーヴォ)
・Duran Duran(デュラン・デュラン)
・Eminem(エミネム)
・Eurythmics(ユーリズミックス)
・Judas Priest(ジューダス・プリースト)
・Fela Kuti(フェラ・クティ)
・MC5(エム・スィー・ファイヴ)
・New York Dolls(ニューヨーク・ドールズ)
・Dolly Parton(ドリー・パートン)
・Rage Against the Machine(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)
・Lionel Richie(ライオネル・リッチー)
・Carly Simon(カーリー・サイモン)
・A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)
・Dionne Warwick(ディオンヌ・ワーウィック)

上記ノミネートのうちベック、デュラン・デュラン、エミネム、ドリー・パートン、ライオネル・リッチー、カーリー・サイモン、ア・トライブ・コールド・クエストが初のノミネートとなりました。

関連記事
【2021年最新】ロックの殿堂とは?今さら聞けないロックの殿堂の歴史と歴代受賞者をご紹介

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。