サンディエゴ発Z世代インディ・ポップ・バンド=オールモスト・マンデー、初の来日公演が決定!日本デビューEPのリリースも決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

<ロラパルーザ>や<ボナルー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル>といったアメリカの人気大型音楽フェスに多数出演を果たし、エルトン・ジョンやApple MusicのラジオDJゼイン・ロウからも称賛を受けるサンディエゴ発Z世代インディ・ポップ・バンド=almost monday(オールモスト・マンデー)。そんな彼らの待望の初来日公演が2022年10月13日(木)に東京・代官山SPACE ODDで開催されることが決定しました。

almost monday Japan Showalmost monday Japan Show

ロス&リッキー・リンチによる兄弟デュオ=ザ・ドライヴァー・エラと全米・南米ツアーを成功させ、昨年から2年連続でリリースしたシングルが日本のラジオ等でもチャート・インを記録するなど世界で勢いを加速させる新進気鋭のバンド、オールモスト・マンデー。

メンバー全員がソングライターで共通の趣味がサーフィンである彼らが生み出す音楽は、カルフォルニアの太陽やチルなエネルギーから影響を受けおり、ファンキーなベース・ライン、恍惚とした歌声、そして、踊りたくなるグルーヴが魅力。音楽フェスのパフォーマンスでも高い評価を得ている彼らの一夜限りとなる記念すべき初の来日公演は見逃せないライブとなりそうです。

さらに、初来日を記念して、日本デビューEPのリリースも決定。これまでデジタル配信のみでリリースされてきたオールモスト・マンデーの楽曲を日本独自企画となる日本デビューEPで初CD化を実現。この1枚でオールモスト・マンデーの魅力が存分に伝わるカリフォルニアの太陽とチルなポジティブ・ヴァイブスが詰まった収録内容になっています。詳細は後日発表予定。

almost monday Credit by Sam Victoriaalmost monday Credit by Sam Victoria

■公演情報
オールモスト・マンデー 初来日公演
2022年10月13日(木)東京・代官山SPACE ODD
OPEN 18:00/ START 19:00
チケット:オールスタンディング ¥6,500(税込/別途 1ドリンク)
一般プレイガイド発売日:8/27(土)
Info:Creativeman
詳細はこちら

■日本デビューEP(来日記念盤)
タイトル:TBD
アーティスト:オールモスト・マンデー
発売日:2022年10月5日(水)
価格:1,980円(税込み)
品番:UICH-1019
予約

■バイオグラフィー
米サンディエゴを拠点に活動する1998年生まれの3人、ルーク・ファブリー(ベース)、ドーソン・ドハティー(ヴォーカル)、コール・クリスビー(ギター)から成るインディ・ポップ・バンド。
メンバー全員がソングライターで共通の趣味がサーフィン。カルフォルニアの太陽やチルなエネルギーから影響を受けた彼らが生み出す音楽は、ファンキーなベース・ライン、恍惚とした歌声、そして、踊りたくなるグルーヴが魅力。
幼馴染のルークとドーソン、サーフィンを通じてコールと出会い、大学時代にオールモスト・マンデーとして音楽活動を開始し、ガレージで数え切れないほど練習を行い、サーフ・ショップの裏でライブを行った。有名音楽プロデューサーのマーク・ニーダム(ザ・キラーズ『Hot Fuss』やイマジン・ドラゴンズ『Night Visions』等)に自ら売り込みのメールを送ってみたところ、返事が届き音楽的付き合いがスタートする。
2020年デビューEP『ドント・セイ・ユーアー・オーディナリー』をリリース。ファースト・シングル「ブロークン・ピープル」は、米オルタナティブ・ラジオ・チャートでトップ20を記録。また、Apple Musicのラジオ・ステーション『Beats 1』でホストを務めるグラミー賞ノミネート・プロデューサー兼DJのゼイン・ロウにピックアップされ、デビュー早々大きな注目を集める。
2021年7月セカンドEP『ティル・ジ・エンド・オブ・タイム』をリリースし、表題曲は日本のラジオ等でもチャート・インするなどバンドの勢いを加速させる1曲となった。さらに、Amazon Music、Shazam、Ones To Watch、Forbes誌、People誌、GQオーストラリアなど多数の音楽メディアに《ネクスト・ブレイク・アーティスト》として注目され、<ロラパルーザ>や<ボナルー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル>といったアメリカの人気大型音楽フェスに多数出演を果たした。8月にリリースしたシングル「クール・イナフ」はエルトン・ジョンから称賛を受けた。
2022年4月シングル「サンバーン」をリリースし、再び日本のラジオ等でもチャート・インを記録するなど好評を博した。勢いを落とすことなく、6月シングル「サン・キープス・オン・シャイニング」をリリース。単独ツアーに加えて、ロック・バンド=ジョイウェーヴやロス&ロッキー・リンチによる兄弟デュオ=ザ・ドライヴァー・エラのサポート・アクトとして全米、南米ツアーを成功させる。そして、10月、カリフォルニアの太陽とチルなポジティブ・ヴァイブスを引っ提げて、ついに初の来日公演決定!

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事