AfrojackがLucas & Steve、Dubvisionが参加した新曲「Anywhere With You」のミュージック・ビデオを公開

「EDMで最も重要な50人」の一人にも選ばれたAfrojack(アフロジャック)が、パワーハウス・デュオのLucas & Steve(ルーカス&スティーブ)とレイチェル兄弟からなるDJ、DubVision(ダブヴィジョン)が参加した新曲「Anywhere With You(エニウェア・ウィズ・ユー)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Afrojack, Lucas & Steve, Dubvision - Anywhere With You - YouTube

「Anywhere With You」は聴く者が立ち上がって踊り、旅行に行きたくなり、友達や恋人と楽しい時間を過ごすように誘う、新しいダンス・トラック。

タランティーノというステージネームでも知られるトニノ・スペシャーレの声とピアノだけが収録されたシンプルなデモを聞いたアフロジャックは、その曲がTomorrowlandにピッタリな曲だと感じ、その後ダブヴィジョンに彼らの特徴的な壮大サウンドを加えてもらい、ルーカス&スティーブに甘いギターサウンドとオーガニックな磨きをかけてもらうことで、世界が息を吹き返したことを祝うのにピッタリなアンセム曲に仕上がりました。

アフロジャックとダブヴィジョンは過去にも「Back to Life」や「New Memories」で共作しており、いずれも大成功を納めています。

また今回の新曲「Anywhere With You」はアフロジャックとルーカス&スティーブの初のコラボレーション曲となり、才能があるこの5人が音楽的な力を合わせることで真のフェスティバル・ヒットとなることが期待されています。

まさにTomorrowlandのようなイベントに最適なメロディーと巨大さを持ったこのニュー・シングルは、曲のタイトル「Anywhere With You」通り、どこにいても友達や恋人と一緒に踊り楽しむことができるだろうはず。

アフロジャックはこの楽曲についてコメント。

「デモを聞いたときに、「ああこれだ!」と思った。ルーカス&スティーブ、そしてダブビジョンと一緒に最高な曲に仕上げた。ハッピーでポジティブな曲で彼らのコラボレーションできたことを光栄に思うよ。」

また、ダブヴィジョンはこのように付け加えています。

「ニックからデモを受け取った時、すぐにどういうアレンジをするかわかったんだ。そしてルーカス&スティーブが彼らのテイストを加えてくれたおかげで、最高さを次のレベルまで押し上げてくれた。この曲をライブで演奏して、観客の反応を見るのが待ちきれないよ!」

Afrojack, Lucas & Steve, DubvisionAfrojack, Lucas & Steve, Dubvision

■楽曲情報

Afrojack, Lucas & Steve, Dubvision「Anywhere With You」

Afrojack x Lucas & Steve x DubVision / アフロジャック x ルーカス & スティーブ x ダブヴィジョン
シングル「Anywhere With You / エニウェア・ウィズ・ユー」
2021年10月1日配信
ダウンロード / ストリーミングはこちら

■アフロジャック

米Forbesの「30アンダー30」に選出され、米 Rolling Stone誌の「EDMで最も重要な50人」の一人にも選ばれたアフロジャック。デヴィッド・ゲッタとコラボレーションをした経歴を持つ彼の功績は息を呑むようなものばかりだ。
今も自分の音楽に集中し、全てを捧げ、サウンドを大胆に新しい方向へと導いている。同時に自身のレーベル、Wall Recordingsにも力を入れており、次世代を担う新進気鋭のアーティストたちに成功するチャンスを与えようとしている。
彼は新しい才能を発掘する価値を信じており、彼らへ音楽業界で成功することはその気になればいつでも手の届くにあることを示している。

■ルーカス&スティーブ

オランダ出身のパワーハウス・デュオ、ルーカス&スティーブは、続出するサマー・ヒット、複数のプラチナ・レコードやゴールデン・レコード、国際的なパフォーマンスの数々、BUMA(オランダ)、Fun Radio(フランス)、DJ Mag、MTVなどからの称賛を得て、ここ数年で急激にスターダムにのし上がってきた。
2人は、高揚感のある音楽と感情的な歌詞で名声を博しておりで、「Summer On You」、「Up Till Dawn」、「Where Have You Gone」、「Perfect」、そしてもちろん「Letters」などでラジオでの大成功を収めている。
2020年に世界が停止する中、彼らは作曲とレコーディングのプロセスを新たな高みへと引き上げ続け、世界中からの10億回のストリーミングを突破した。
ルーカスとスティーブは、2021年に向けて無限のインスピレーションとモチベーションを得て、コラボレーションやソロ・リリースの素晴らしいラインナップを揃え、これまでで最も重要な年になることを予感させている。

■ダブヴィジョン

オランダ人兄弟のヴィクター・レイチェルとスティーブン・レイチェルは、ダブヴィジョンとしてこれまでハードウェル、デヴィッド・ゲッタ、ティエストなど世界的に有名なDJと共演した。
Beatport総合チャートトップ10が17曲、Beatportプログレッシブ・ハウス・チャート1位が5曲、Beatportエレクトロ・チャート1位が1曲、YouTube、SoundCloud、Spotifyでの再生回数が5,000万回を超える彼らは、EDM界の重要な勢力としてその名を馳せている。
Spotifyでは毎日20万回以上再生され、世界中で320万人以上の月間リスナーがいることからも、彼らの音楽は世界中で高く評価され、愛されていることが明らかだ。
また、SNSでの強い発信力により、世界中のファンを獲得している。