ポール・マッカートニーがBBCラジオのインタビューで人工知能が「最後の」ビートルズの曲を完成させたと語る

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ポール・マッカートニーがBBCラジオのインタビューで人工知能が「最後の」ビートルズの曲を完成させたと語る
IMAGE VIA:Sir Paul McCartney says artificial intelligence has enabled a 'final' Beatles song

Paul McCartney(ポール・マッカートニー)は、英BBCラジオ4の番組で、彼が「ビートルズの最後のレコード」と呼ぶものの作成に人工知能を導入したと述べ、この技術を使って古いデモからJohn Lennon(ジョン・レノン)の声を「抽出」し、曲を完成させたと語りました。

「ちょうど完成したばかりで、今年リリースされる予定です」と彼は説明しており、BBCは1978年にジョン・レノンが作曲した『Now And then』という曲だと推測しています。

この曲は、The Beatles(ザ・ビートルズ)がキャリアをまたいだアンソロジー・シリーズを編集していた1995年に、すでにビートルズにとっての「再会の曲」の可能性があると考えられていました。

ポール・マッカートニーはその1年前にオノ・ヨーコからデモを受け取っていたそうで、この曲は、ジョン・レノンが1980年に亡くなる直前に作った、「For Paul」というラベルの付いたカセットに収録されていた数曲のうちの1曲だとしています。

このカセットからはプロデューサーのJeff Lynne(ジェフ・リン)によってクリーンアップされ、「Free As A Bird」と「Real Love」が完成し、1995年と1996年にリリースされ、ビートルズにとって25年ぶりの新曲とリリースされました。「Now And then」はレコーディングを試みたものの音質がひどかったこともあり断念。その後もポール・マッカートニーはこの曲を完成させたいという願望を繰り返し語っていました。

The Beatles – Free As A Bird – YouTube

The Beatles – Real Love – YouTube

・参考情報:Sir Paul McCartney: “I thought I’d lost them…It’s lovely having these memories”
・参考情報:Sir Paul McCartney says artificial intelligence has enabled a ‘final’ Beatles song

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事