【第65回グラミー賞ノミネート】ビヨンセが主要3部門を含む最多9部門でノミネート

現地時間2022年11月15日、第65回グラミー賞のノミネートが発表。Beyoncé(ビヨンセ)が主要3部門を含む最多9部門でノミネートされました。

Beyoncé - BREAK MY SOUL - YouTube

ビヨンセは今年ソロでは6年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Renaissance(ルネッサンス)』をリリース。今作が最優秀アルバム賞、最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞にノミネートし、リードシングルとなった「BREAK MY SOUL」が最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀ダンス・レコーディング賞の3部門にノミネート。またアルバム収録曲の「Virgo's Groove」は最優秀R&B賞、同じく収録曲の「Plastic Off the Sofa」が最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞、2枚目のシングルとなった「Cuff It」は最優秀R&Bソング賞にそれぞれノミネート。また映画『ドリームプラン』の主題歌として「Be Alive」が最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像部門にノミネートされ、計最多となる9部門でノミネートされました。

第65回グラミー賞は2021年10月1日から2022年9月30日までの有資格年の最高の録音、作曲、アーティストを表彰します。

授賞式は現地時間で2023年2月5日にロサンゼルスのクリプト・ドットコム・アリーナで開催予定。日本では恒例となっているWOWOW独占生中継は2023年2月6日(月)午前に授賞式の模様が配信される予定です。
第65回グラミー賞授賞式®|音楽|WOWOWオンライン

■『Renaissance』トラックリスト
1. I'm That Girl
2. Cozy
3. Alien Superstar
4. Cuff It
5. Energy (ft. Beam)
6. Break My Soul
7. Church Girl
8. Plastic off the Sofa
9. Virgo's Groove
10. Move (ft. Grace Jones & Tems)
11. Heated
12. Thique
13. All Up in Your Mind
14. America Has a Problem
15. Pure/Honey
16. Summer Renaissance

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。