ビョークがロザリアを迎えたチャリティ・シングル「oral」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

björk(ビョーク)ROSALÍA(ロザリア)を迎えた新曲「oral」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

YouTubebjörk ft. rosalía : oral - YouTube

Carlota Guerrero(カルロタ・ゲレーロ)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、2人がバトルゲームのように体を揺らしながら構え、お互いの身体能力を見せつけながら戦い始めます。やがて刀を持った2人はカメラに向かって構え、カメラに近づきます。ハードな動きを取り入れながらも音源に合わせて歌う様子は必見です。

アイスランドは、数千匹の魚が繰り返し野生に逃走したことが明らかになり、現在注目を集めている中、今作はチャリティ・シングルとしてリリースされており、この曲の収益はすべて、アイスランドでサケの産業養殖に反対する活動家に寄付されます。

Sega Bodega(セガ・ボデガ)と共にプロデュースした今作は、1997年のアルバム『Homogenic』のリリースと2001年のアルバム『Vespertine』のレコーディング・サイクルの間に書かれました。しかし、あまりにもポップすぎて、どちらのアルバムにもあまり合わなかったため、ビョークいわく「塩漬けにした」としていますが、この曲に特別な感情を抱いており、「3年ごとにマネージャーにこの曲を探しに行くように頼んだけど、タイトルが思い出せず間違った名前を付け続けたため、マネージャーは決して見つけることができなかった」と述べています。

今年に入りオーストラリアのホテルの部屋でタイトルを思い出し、ロザリアに協力を依頼してコラボが実現しました。

YouTubeの概要欄には「ビョークとロザリアは、アイスランドの野外囲い養殖と闘うために、この曲によって得られる収入のすべての権利を非営利団体AEGISに寄付している。 彼らのレコード会社も同様のことに同意した。 集められた資金はすべて、野生動物に害を与え、魚を変形させ、サケの DNA と生存に危険をもたらす集約養殖場の開発を阻止するための行動を起こす抗議活動参加者の訴訟費用に充てられます。 即時の行動が重要です。」と添えられており、自身のインスタグラムでは「私たちには、アイスランド最大の環境団体の人々と弁護士からなるチームがあり、他の放網囲い養殖事件を担当する予定です。彼ら全員の熱心なボランティア活動に感謝したいと思います。開放網生け簀での工業的なサケ養殖は環境にとって恐ろしいものです。 養殖サケは計り知れない苦しみを経験し、地球に深刻な害をもたらします。 これは非常に残酷な食べ物の作り方です。 オープン ネット ペン業界との戦いは、地球の未来のための戦いの一部です。今世紀北部にとって最も深刻な環境課題の 1 つは海洋の酸性度です。 MOWI 社と SalMar 社によるノルウェーの外海魚の養殖は、5年間ですでにフィヨルドの広大な地域、海洋生物、動物、植物の両方に被害を与えており、それが原因であると考えられます。これを逆転することはまだ可能です。 生物多様性、動物虐待などに関する私たちの訴訟は、世界中で模範的な訴訟となる可能性があります。」とコメント。

コラボについても「ロザリアのこのジャンルへの実験と彼女の素晴らしい声により、彼女はこの曲の明らかなゲストとなりました。彼女がイエスと答えてくれて、彼女と彼女のチームが自分たちの仕事とすべての利益をこの戦いに捧げてくれていることをうれしく思います。」と述べています。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事