ビヨンセが「Break My Soul」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

Beyoncé(ビヨンセ)が金曜にリリースした6年ぶり7枚目のスタジオ・アルバム『RENAISSANCE(ルネッサンス)』のリードシングル「Break My Soul(ブレイク・マイ・ソウル)」のヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Beyoncé - BREAK MY SOUL - YouTube

『RENAISSANCE』はこれまでのビヨンセのスタジオ・アルバムの中で最も評価が高いとされている一方でクレジットの問題などリリース以降毎日のように話題となっていますが、中でも「Heated(ヒーテッド)」の中に差別的な表現があると批判する声が上がっていました。この件についてビヨンセは単語の差し替えを発表。リリース後公開されたリリック・ビデオは現在非公開となっています。

クレジットの問題はR&BシンガーのKelis(ケリス)が収録曲の「Energy(エナジー)」でサンプリングされている2000年リリースの「Get Along with You」でのクレジットを受け取っていないと非難。「Get Along with You」はPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)とChad Hugo(チャド・ヒューゴ)のデュオ、The Neptunes(ザ・ネプチューンズ)が制作しており、2人はクレジットを受け取っていますが、ボーカル部分はサンプリングを行っておらず、歌唱したケリスが受け取っていないというもので、これに対し「これはコラボではなく盗作」とケリスは抗議しています。現時点でビヨンセは反応しておらず、注目が集まっています。

■『Renaissance』トラックリスト
1. I'm That Girl
2. Cozy
3. Alien Superstar
4. Cuff It
5. Energy (ft. Beam)
6. Break My Soul
7. Church Girl
8. Plastic off the Sofa
9. Virgo's Groove
10. Move (ft. Grace Jones & Tems)
11. Heated
12. Thique
13. All Up in Your Mind
14. America Has a Problem
15. Pure/Honey
16. Summer Renaissance

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。