オリヴィア・ロドリゴが映画『ハンガー・ゲーム0』のサウンドトラック・アルバムに提供した新曲「Can’t Catch Me Now」のリリック・ビデオを公開!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)が12月22日(金)に公開される映画『ハンガー・ゲーム0』のサウンドトラック・アルバムに提供した新曲「Can’t Catch Me Now」をのリリック・ビデオを公開しました。

Can’t Catch Me Now (from The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes) – YouTube

プロデューサーのダニエル・ニグロと共に作曲した本作は、映画『ハンガー・ゲーム0』のために書き下ろされた楽曲で、サウンドトラック『The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes (Music From & Inspired By)』に収録。

映画『ハンガー・ゲーム0』の最新予告に登場した新曲「Can’t Catch Me Now」は、驚異的な成功を収めた彼女の2ndアルバム『ガッツ』に続くもの。サウンドトラックにはヒロインのレイチェル・ゼグラーが劇中に披露した数々の曲と、オリヴィアをはじめとした若手アーティストたちの新曲が収録されています。

映画『ハンガー・ゲーム0』新予告映像/featuring オリヴィア・ロドリゴ – YouTube

Olivia RodrigoOlivia Rodrigo

■商品情報

Olivia Rodrigo「Can't Catch Me Now」

新曲「Can’t Catch Me Now」配信中
試聴・購入はこちら

サウンドトラック『The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes (Music From & Inspired By)』

サウンドトラック・アルバム
The Ballad of Songbirds & Snakes (Music From & Inspired By)
11月17日リリース

■プロフィール
米国ロサンゼルス在住のグラミー賞3冠アーティスト、オリヴィア・ロドリゴ。女優として活動するマルチな才能を持った20歳。幼少期から歌が大好きだったオリヴィアは、4歳からボーカルレッスンを始め、ギターやピアノを弾きながら作詞作曲を始める。2021年1月にリリースしたデビュー・シングル「ドライバーズ・ライセンス」は全米・全英シングル・チャートで初登場1位、88カ国でチャート1位を獲得。この勢いは止まらず、全米史上初「初登場から8週連続全米シングル・チャートで1位」の記録を打ち立て、2021年で初めて史上最速で10億回再生を突破した楽曲となった。5月21日にリリースしたデビュー・アルバム『サワー』は、2021年最大の週間売上で全米アルバム・チャート初登場1位を獲得。デビュー・アルバムとデビュー・シングルの両方で1位を獲得した最年少アーティストになり、全米・全英含む全15か国で1位。第64回グラミー賞では主要4部門含む計7部門にノミネート され、最優秀新人賞 、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞の3部門を受賞。瞬く間にグローバル・スーパースターの仲間入りを果たした。音楽業界も騒然の、世界が最も注目するミラクル新人。

■リンク
日本公式 HP
海外公式 HP
日本公式X
TikTok
Instagram
TikTok
YouTube

■映画情報
『ハンガー・ゲーム0』
監督:フランシス・ローレンス
脚本:マイケル・レスリー、マイケル・アーント
原作:スーザン・コリンズ「ハンガー・ゲーム0 少女は鳥のように歌い、ヘビとともに戦う」(KADOKAWA刊)
製作:ニーナ・ジェイコブソン、ブラッド・シンプソン、フランシス・ローレンス
出演:トム・ブライス、レイチェル・ゼグラー、ピーター・ディンクレイジ、ハンター・シェイファー、ジェイソン・シュワルツマン、ジョシュ・アンドレス・リベラ、ヴィオラ・デイヴィス
原題:THE HUNGER GAMES:THE BALLAD OF SONGBIRDS & SNAKES
配給:KADOKAWA
HP
X
ハッシュタグ:#ハンガー・ゲーム0
クレジット表記:© 2023 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
公開表記:12月22日(金)よりTOHO シネマズ日比谷他にて全国ロードショー

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事