ビリー・アイリッシュが2018年にAppleのホリデー広告で使用された「come out and play」のアニメーション・ビデオを公開

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)が2018年にAppleの「Share Your Gifts」ホリデー広告キャンペーンの一環としてリリースした「come out and play」のアニメーション・ビデオを公開しました。

Billie Eilish – come out and play (From the Apple “Share Your Gifts” Commercial) – YouTube

ホリデーをテーマにAppleが制作したアニメーションは既にAppleの公式YouTubeでは非公開となっており、ビリー・アイリッシュが自身のYouTubeで音源と共に公開。概要欄には「Appleの2018年の「Share Your Gifts」キャンペーンで取り上げられた、ビリーのホリデーにインスパイアされた曲「come out and play」のビジュアルを追体験してください。」と添えられています。

「come out and play」はAppleからの依頼で広告のテーマに基づいて書かれた曲。子守唄の影響を受けたミッドテンポのポップバラードで、曲中のアイリッシュの歌詞は、友人にもう隠れないでくれと懇願するなど、いくつかのテーマを扱っています。

ビリー・アイリッシュは先日発表された第81回ゴールデングローブ賞で「What Was I Made For?」が主題歌賞にノミネート。2022年には「No Time to Die」が主題歌賞を受賞しており、2度目のノミネートとなりました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。