サブリナ・カーペンターがFIFTY FIFTYのバイラル・ヒットソング「Cupid [Twin Ver.]」にゲスト参加したリミックスがリリース!ヴィジュアライザー・ビデオが公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Sabrina Carpenter(サブリナ・カーペンター)がFIFTY FIFTYのバイラル・ヒットソング「Cupid [Twin Ver.]」にゲスト参加したリミックスがリリースされ、ヴィジュアライザー・ビデオが公開されました。

FIFTY FIFTY (피프티피프티) – ‘Cupid [Twin Ver.] (feat. Sabrina Carpenter)’ Visualizer – YouTube

FIFTY FIFTYは韓国の4人組女性アイドルグループ。「Cupid」は韓国語による通常バージョンと、英語によるツイン・バージョンがあり、今回サブリナ・カーペンターが参加したのはツイン・バージョン。「Cupid」はTikTokで急速に広まり、FIFTY FIFTYにとってビルボード・ホット100と全英シングル・チャートの両方に初めてランクインした曲であり、グループはデビュー後にどちらのチャートにも最速でランクインした韓国の音楽アーティストとなりました。

リミックスではサブリナ・カーペンターが「I wish that I wasn’t so naive And he didn’t turn me on so well(私がそんなにナイーブじゃなくて、彼が私をそんなに嫌に思わなかったらよかったのに)」、「My heart aches a real good melody(本当に良いメロディーに心が痛む)」と歌い、楽曲に溶け込みながらも新たなメロディーラインでの歌い方も提供しています。

今作のリリースについての発表は、FIFTY FIFTYと所属事務所ATTRAKTとの間の調停が決裂したというニュースの数時間前に行われ、グループと所属事務所との法的紛争が裁判に戻ることを意味しており、自体が複雑化していく中でのリリースとなりました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事