サマーソニック出演で今夏初来日を果たすイージー・ライフがニュー・アルバムを8月12日に発売決定!先行曲「DEAR MISS HOLLOWAY」の音源を公開

昨年5月にデビュー・アルバムをリリースしたイギリスの5人組バンド、Easy life(イージー・ライフ)が、今年8月12日にニュー・アルバム『MAYBE IN ANOTHER LIFE...』を発売することを発表。同時に、同ニュー・アルバムより米・ヒップホップ・グループのBROCKHAMPTON(ブロックハンプトン)のフロントマンであるKevin Abstract(ケヴィン・アブストラクト)とのコラボによる先行シングル「DEAR MISS HOLLOWAY」をリリースし、音源を公開しました。

easy life & Kevin Abstract – DEAR MISS HOLLOWAY - YouTube

「DEAR MISS HOLLOWAY」はイージー・ライフのフロントマンのマレー・マトレーヴァーズ曰く、この曲は、“叶わぬ恋への切なくもうっとりとした西海岸の賛歌“だそう。イージー・ライフの楽曲の作詞・作曲をメインで手掛けるマレーは、“Miss Holloway”は学校の教師のことなんだ、と話し、その先生への片思いを「来世では、サイコロを振ってみたら、僕たちうまくいくかもね」と歌っています。

マレーとケヴィンはSNSのDMで初めて連絡を取り合い、その後米・ロサンゼルスで実際に会い、お互いのデモなどを聴かせあった結果意気投合し、今回のコラボが実現。マレーによると、結果的に「DEAR MISS HOLLOWAY」は“イージー・ライフの2ndアルバムの基礎”となったとのこと(歌詞にはアルバム・タイトルも含まれている)。

8月リリースのニュー・アルバム『MAYBE IN ANOTHER LIFE...』は、メランコリックで高揚感があり、非常に洗練されたサウンド、とバンドが淡々と新しい高みを目指し続ける一方で、昨年発表したデビュー・アルバムが全英2位を記録したからこその人々の期待に挑戦するものでもあります。前作『Life's A Beach(ライフ・イズ・ア・ビーチ)』がイージー・ライフの“晴れ姿”だとすれば、新作『MAYBE IN ANOTHER LIFE...』は、現代のイギリス人の生活に対するマレーの鋭い観察が最も際立つロックな作り話。実際、同アルバムに収録される先行シングル「BEESWAX」は、オンライン上での過剰な情報共有や、パンデミック後のプライバシー保護、境界線の必要性について歌っています。

easy life - BEESWAX - YouTube

“no regrets”という快楽主義的な考え方に基づき結成された脱力系バンド イージー・ライフ。そんな彼らは今年、ニュー・アルバム発売翌週の週末8月20日・21日に東京と大阪で行われるサマーソニック出演のため初来日が決定。アルバムをしっかり予習した上で、二度とない“日本初ライヴ”を堪能ください。

Easy Life official photo 2022 MAIN ⒸJACK BRIDGLANDEasy Life official photo 2022 MAIN ⒸJACK BRIDGLAND

Easy Life official photo 2022 MAIN ⒸJACK BRIDGLANDEasy Life official photo 2022 MAIN ⒸJACK BRIDGLAND

Easy Life official photo 2022 MAIN ⒸJACK BRIDGLANDEasy Life official photo 2022 MAIN ⒸJACK BRIDGLAND

■リリース情報

イージー・ライフ&ケヴィン・アブストラクト「DEAR MISS HOLLOWAY」

イージー・ライフ&ケヴィン・アブストラクト ニュー・シングル「DEAR MISS HOLLOWAY」
配信中
試聴・購入

イージー・ライフ『MAYBE IN ANOTHER LIFE...』

イージー・ライフ ニュー・アルバム『MAYBE IN ANOTHER LIFE...』
2022年8月12日発売予定
試聴・予約
(日本盤CDも発売予定。詳細は近日中にイージー・ライフ日本公式HPにて発表予定)

■リンク
日本公式HP
海外公式HP
公式Instagram
公式Twitter
公式YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。