ケイシー・マスグレイヴスがApple Music Live 2024で披露した2曲のパフォーマンス・ビデオが公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

グラミー賞を7度受賞したシンガー・ソングライター、Kacey Musgraves(ケイシー・マスグレイヴス)が、新作アルバム『Deeper Well』からApple Music Live 2024で披露した「Deeper Well」、「Giver / Taker」のパフォーマンス・ビデオが公開となった。

YouTubeKacey Musgraves – Deeper Well (Apple Music Live 2024) – YouTube

YouTubeKacey Musgraves – Giver / Taker (Apple Music Live 2024) – YouTube

ライヴは先週5月8日にニューヨーク市のエレクトリック・レディ・スタジオで行われたもので、キャンドルライトを背に1時間にわたるライヴを行った。セットリストには『Deeper Well』からの曲や、2018年のアルバム『Golden Hour』のタイトル・トラック、Bob Marley(ボブ・マーリー)の人生を描いた新作映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』からボブ・マーリーの楽曲を新規でカバーした7曲入りのEP『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』にも収録されている「Three Little Birds」のカバーなどが含まれた。

ニューヨークの伝説的なエレクトリック・レディ・スタジオでその大半が録音されたニュー・アルバム『Deeper Well』は、ケイシー・マスグレイヴス本人と、長年ともに仕事してきたダニエル・タシアン、イアン・フィチュックとの共同プロデュースとなっている。前作『star-crossed』では、特定の人間関係をテーマに歌っていたケイシーだが、『Deeper Well』は、人生を通して起きる様々な人間関係を彼女なりに観察したものとなっている。

アルバムには、「Too Good to be True」やファースト・シングル「Deeper Well」に加えて、宮崎駿監督作品にインスパイアされた楽曲「Anime Eyes」も収録されている。スタジオジブリ作品の大ファンであることを公言しているケイシーは、同曲で“Miyazaki sky”という歌詞も歌っており、宮崎駿監督作品から受けた影響について次のようにコメントを寄せている。

「スタジオジブリの作品には、美しさを感じさせたり、謎を残したりする余白があると感じる。全てを説明してくれるわけじゃない。でも描かれている世界が本当に美しくて、まるで絵画のようで、とても引き込まれる。宮崎駿監督の作品は、言葉では言い表し難い人間の些細な感情や情緒を絵で表現してくれていると思うから、大好きでたまらない。宮崎駿監督作品は音楽も素晴らしくて、久石譲さんが作る楽曲も大好き」

過去に何度も来日経験がある大の日本好きであるケイシーは、本アルバムのリリースに際して日本のファンに向けて次のようにメッセージを寄せている。「みんなのことを心から愛しています。日本にまた行けるのを本当に楽しみにしています。またすぐに日本に行く口実をいつも探しているの。今の私があるのもみんなの応援のおかげです。次に日本に行った時は、みんなのために特別なものを届けたいと思っているので、その時に会えるのを楽しみにしています。愛しています!」

『Deeper Well』は全米ビルボード200で初登場2位を記録。2013年のデビュー・スタジオ・アルバム『Same Trailer Different Park』で獲得した2位の記録に続き11年ぶりに最高位をマークした。また全英アルバムチャートでは初登場3位にランクインしており、ケイシー・マスグレイヴスにとって初のトップ3入りを果たしている。

■『Deeper Well』トラック・リスト
1. Cardinal
2. Deeper Well
3. Too Good to be True
4. Moving Out
5. Giver/Taker
6. Sway
7. Dinner with Friends
8. Heart of the Woods
9. Jade Green
10. The Architect
11. Lonely Millionaire
12. Heaven Is
13. Anime Eyes
14. Nothing to be Scared Of

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事