伝説的なヘヴィ・メタル・シンガー、ロニー・ジェイムズ・ディオの生涯を振り返る日本未公開のドキュメンタリー映画が9月29日にDVDとブルーレイで発売。日本盤のみボーナス映像を収録

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

伝説的なヘヴィ・メタル・シンガー、Ronnie James Dio(ロニー・ジェイムズ・ディオ)が、生涯を振り返る初のドキュメンタリー映画『Dio: Dreamers Never Die(ディオ:ドリーマーズ・ネヴァー・ダイ)』をDVD、ブルーレイ、そして特別仕様のデラックス・エディションの日本盤で9月29日に発売することが決定しました。デラックス・エディションにはDVDとブルーレイのほか、限定グッズも付属予定。また、世界中のファンに特別な鑑賞体験を提供するために、本編に入り切らなかった合計約20分の未公開/追加シーンが収録される他、日本盤のみボーナス映像が追加収録されます。

Dio: Dreamers Never Die – Trailer – YouTube

映画『ディオ:ドリーマーズ・ネヴァー・ダイ』は、テキサス州オースティンで行われた2022年のサウス・バイ・サウスウェスト映画祭で世界初公開。その後、昨年秋には特別イベントとして世界各地の600ヶ所以上の映画館で上映され、現在ではSHOWTIMEで配信されています。

ディオは1950年代にドゥー・ワップの歌手としてキャリアを始めたあと、ロック・シンガーに転向し、エルフや、リッチー・ブラックモア率いるレインボーのメンバーとして活動。その後、オジー・オズボーンの後任としてブラック・サバスに加入し、ついには自らのバンド、ディオを結成してロック・スターとしての地位を確かなものにしています。この作品は、そんな彼の驚くべき成功の軌跡を詳細に描いています。

劇中では、初公開となる秘蔵映像やプライベート写真がふんだんに使用されているほか、親しいミュージシャンたちや家族、友人と彼との仲睦まじい姿も見ることができます。ディオはロック界における真のスターの一人として、非常に多くの人たちから愛されてきました。映画ではウェンディ・ディオ、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、グレン・ヒューズ、ヴィニー・アピス、リタ・フォード、ロブ・ハルフォード、セバスチャン・バック、エディ・トランク、ジャック・ブラックなどディオと近い関係にあった著名人たちが、彼の生涯について語っています。

ロニーの妻であるウェンディ・ディオは、マネージャーとしても長年に亘ってディオを支えてきました。この映画のエグゼクティヴ・プロデューサーも務めた彼女は以下のように語っています。

「 私はこのドキュメンタリー作品を手落ちのないものにしたいと思っていました。波乱万丈だったロニーの人生をファンの皆さんに振り返ってもらえる作品にしたかった ―― つまり順調だったときのことも、苦しかったときのことも、そのどちらでもないときのことも取り上げたかったのです。そして何より、古くからの熱心なファンでも知らないような出来事まで描きたかったんです。この映画ではそのすべてを、最後の最後まで語り尽くしています」。

同作は上述のサウス・バイ・サウスウェスト映画祭だけでなく、トロントで開催されたホット・ドックスや、ボストン・インディペンデント映画祭、ドック・リスボア、韓国の堤川国際音楽映画祭、ギリシャはアテネのインターナショナル・フィルム&ビデオ・フェスティバル、同じくアテネのギミー・シェルター映画祭などに出品。昨年10月には、スペインのバルセロナで行われたイン・エディット国際音楽ドキュメンタリー映画祭で観客賞を受賞しています。

遺族からの全面サポートを受けて制作されたこの作品の監督を務めたのは、ドン・アーゴットとデミアン・フェントンの二人 (その他の作品に『Framing John DeLorean』、『Believer』、『Last Days Here』などがある) で、プロデューサーはドン・アーゴットと9.14ピクチャーズのシーナ・ジョイス、エグゼクティヴ・プロデューサーはニジ・プロダクションズのウェンディ・ディオとBMGのキャシー・リヴキン・ダウムがそれぞれ担当。

ロニー・ジェイムズ・ディオは2010年に胃がんでこの世を去りましたが、現在でも史上屈指の影響力を持つロック・アーティストとして、また史上最高のヴォーカリストの一人として音楽の歴史に名を残しています。

そんな彼は1950年代から2000年代まで、実に輝かしいキャリアを歩んできました。このドキュメンタリーでは、バンドの脇役からシンガー、ならびにソングライターへと成長していった彼の軌跡が描かれています。そうして彼は、世界的に知られるロック・バンド ―― それも1組ではなく3組のバンド ―― のフロントマンを務めるに至りました。インボー、ブラック・サバス、ディオというそれらの3グループが、いずれもマルチ・プラチナ級のセールスを上げ、ライヴではアリーナを沸かせるほどの人気を誇ったことは言うまでもありません。

また、いまやハード・ロック/ヘヴィ・メタルの代名詞となっている“メロイックサイン”を世に広めた人物でもあるディオ。彼は、ロック・シンガーとしての夢をまっすぐに追い続けたことで知られ、次世代のアーティストたちにも影響を与え続けています。そしてディオは、偉大な才能を持つミュージシャンとしてのみならず、心優しい人物としても世界中のファンの記憶に刻まれています。だからこそ、“ロニー・ジェイムズ・ディオ・スタンド・アップ&シャウト・キャンサー・ファンド”を通じて、彼を慕うファンから何百万ドルものがん研究資金が集まっています。

監督を務めたアーゴットとフェントンは、「信念と才能と優しさを併せ持つロニー・ジェイムズ・ディオのような人物は、最近ではめずらしくなってきています。だから、人の心を動かす力がある彼の物語を伝えられることにワクワクします。彼は生涯を通じて自分自身を信じ、自分の夢を追い続けたのです。子どものころからDIOのファンである私たちにとって、ロニーの人生を映画にするというのはとても恐れ多いことですが、観客の皆さんにこの作品を楽しんでもらうことを心待ちにしています」と語っています。

デラックス・エディション展開図デラックス・エディション展開図

Photo by Gene KirklandPhoto by Gene Kirkland

■商品情報

ロニー・ジェイムズ・ディオ『ディオ:ドリーマーズ・ネヴァー・ダイ』

ロニー・ジェイムズ・ディオ
『ディオ:ドリーマーズ・ネヴァー・ダイ』
Ronnie James Dio
DIO : DREAMERS NEVER DIE
発売日:2023年9月29日(金)
<日本盤のみ>
日本語字幕付、ボーナス映像追加収録、英文解説翻訳付
日本盤は下記3フォーマットで発売

①デラックス・エディション
UIBY-75137/18,700円(税込)/輸入国内仕様/完全生産限定盤
デラックス・エディションには、DVDとブルーレイのほか、ディオの公式グッズ ―― ロゴ入りのトレーディング・カード、ギター・ピック、ピン・バッジ、コースター、劇中の一場面を切り取った折り畳みポスターなど ―― も併せて封入。
詳細はこちら
②ブルーレイ
UIXY-15051/6,600円(税込)
詳細はこちら
③DVD
UIBY-15140/5,500円(税込)
詳細はこちら

■リンク
日本アーティストページ
OFFICIAL SITE(海外)
Twitter
Facebook

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事