ドージャ・キャットがソロでは約1年ぶりとなる新曲「Attention」のミュージック・ビデオを公開

Doja Cat(ドージャ・キャット)がソロでは約1年ぶりとなる新曲「Attention」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Doja Cat – Attention – YouTube

Tanu Muino(タヌ・ムイノ)が監督を務めたミュージック・ビデオはロサンゼルスで撮影され、ドージャ・キャットは街を歩きながら声をかけてくる人々を退けてながらラップしています。2バース目に入るとすれ違う人々はマスクをかぶり、声をかけられることもなくただ通り過ぎていく描写を描いており、時折全身赤に染まったドージャ・キャットも登場しています。

今作はY2K、Rogét Chahayed(ロジェ・チャハエド)がプロデュースしており、名声における不気味な現実と、メディア消費者と有名人との交流についてラップしています。

ドージャ・キャットは年内に4枚目のスタジオ・アルバムをリリースする予定をあかしており、アルバムのタイトルは現時点で決まっていませんが、SNSでは仮タイトルとして「Hellmouth」、「First of All」などのタイトルが挙げられています。また前作『Planet Her』のポップ主導のサウンドからの脱却を示しており、リード曲になるとみられる新曲「Attention」でもその一面があらわれています。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。