Drakeが最新の全米チャートTOP10で歴代最多9曲がランクインする偉業を達成

Drake(ドレイク)が9/18付の全米ビルボードホット100で、最新アルバム「Certified Lover boy(サーティファイド・ラヴァー・ボーイ)」からトップ10に9曲も送り込む歴史的快挙を達成しました。

Drake ft. Future and Young Thug - Way 2 Sexy - YouTube

1位 Way 2 Sexy ft. Future & Young Thug
2位 Girls Want Girls ft. Lil Baby
3位 Fair Trade ft. Travis Scott
4位 Champagne Poetry
5位 Knife Talk ft. 21 Savage & Project Pat
7位 In The Bible ft. Lil Durk & Giveon
8位 Papi’s Home
9位 TSU
10位 Love All ft. Jay-Z

この9曲すべて今週初登場でランクインしています。さらにトップ5全て初登場で独占しており、これは1964年にThe Beatles(ザ・ビートルズ)が達成して以来57年ぶり2度目。しかし全て初登場でランクインさせたのはDrakeが史上初となります。

ビルボードホット100はシングルという概念がないため、アルバム収録曲であってもストリーミングやデジタルセールスが高ければランクインされます。最新アルバム「Certified Lover boy」は今週今年1番のユニット数を記録して初登場1位を獲得しており、これらがホット100にも現れた結果となりました。

過去には2018年にアルバム「Scorpion(スコーピオン)」から7曲がトップ10入りを果たし、この時点で史上初となる同一アーティストによる複数楽曲のランクイン記録は最多となっていましたが、この記録を更新することになりました。

全英チャートを例に挙げると、2017年にEd Sheeran(エド・シーラン)がアルバム「÷(Devide)」から9曲をトップ10に送り込み、全英チャートの集計ルールが変わるきっかけを作りました。ビルボードはこの事態をどう見てるのかにも注目です。

■「Certified Lover Boy」トラックリスト

1. Champagne Poetry
2. Papi’s Home
3. Girls Want Girls ft. Lil Baby
4. In The Bible ft. Lil Durk & Giveon
5. Love All ft. Jay-Z
6. Fair Trade ft. Travis Scott
7. Way 2 Sexy ft. Future & Young Thug
8. TSU
9. N 2 Deep ft. Future
10. Pipe Down
11. Yebba’s Heartbreak
12. No Friends In The Industry
13. Knife Talk ft. 21 Savage & Project Pat
14. 7am On Bridle Path
15. Race My Mind
16. Fountains ft. Tems
17. Get Along Better ft. Ty Dolla $ign
18. You Only Live Twice ft. Rick Ross & Lil Wayne
19. IMY2 ft. Kid Cudi
20. Fucking Fans
21. The Remorse