スパークスが最新アルバムから新たに「Escalator」の日本で撮影されたミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

カルト的人気を誇り、昨年には2本の映画、『アネット』(原案・音楽を担当)・『スパークス・ブラザーズ』(主演ドキュメンタリー)の立て続けの公開を経て、キャリア半世紀を超えた今ますます勢いを増すポップ・デュオ、Sparks(スパークス)が、ニュー・アルバム『The Girl Is Crying In Her Latte』から新たに「Escalator」のミュージック・ビデオを公開しました。

Sparks – Escalator – YouTube

Paul Trewartha(ポール・トレワーサ)と共に2人も監督を務めたミュージック・ビデオは日本で撮影され、都内のいくつかの商業ビルにあるエスカレーターを舞台に人々が行き交う日常のエスカレーター、そして無人のエスカレーターなどをあらゆる角度から映し出しています。

『The Girl Is Crying In Her Latte』は14曲を収録。先行曲として、女優のケイト・ブランシェットがミュージック・ビデオに出演したことでも話題になったタイトル・トラック「The Girl Is Crying In Her Latte」、往年の名女優を題材にした「Veronica Lake」、生まれたばかりの赤ちゃんがこの世を嘆くというスパークス独特の世界観の「Nothing Is As Good As They Say It Is」の3曲がすでにリリースされています。

本作は、彼らにとって約50年ぶりにアイランド・レコードからリリースするスタジオ・アルバムとなりますが、ロンとラッセルは「当時、そしてキャリアを通じて常にやってきたように、今回のアルバムも大胆で妥協のない」作品に仕上がっていると説明しています。

また、本アルバムの日本盤(邦題:『涙のラテ』)は、ボーナストラック1曲入りもリリースされています。

■商品情報

スパークス「ザ・ガール・イズ・クライング・イン・ハー・ラテ」

『The Girl Is Crying In Her Latte』 2022年5月26日 デジタルリリース・輸入盤発売
試聴・購入はこちら

■『涙のラテ』トラック・リスト
1. ザ・ガール・イズ・クライング・イン・ハー・ラテ / The Girl Is Crying in Her Latte
2. ヴェロニカ・レイク / Veronica Lake
3. ナッシング・イズ・アズ・グッド・アズ・ゼイ・セイ・イット・イズ / Nothing Is As Good As They Say It Is
4. エスカレーター / Escalator
5. ザ・モナ・リザズ・パッキング、リーヴィング・レイト・トゥナイト / The Mona Lisa’s Packing, Leaving Late Tonight
6. ユー・ワー・ミーント・フォー・ミー / You Were Meant for Me
7. ノット・ザット・ウェル・ディファインド / Not That Well-Defined
8. ウィー・ゴー・ダンシング / We Go Dancing
9. ホエン・ユー・リーヴ / When You Leave
10. テイク・ミー・フォー・ア・ライド / Take Me For A Ride
11. イッツ・サニー・トゥデイ / It’s Sunny Today
12. ア・ラヴ・ストーリー / A Love Story
13. イット・ダズント・ハフ・トゥ・ビー・ザット・ウェイ / It Doesn’t Have to Be That Way
14. ジー、ザット・ワズ・ファン / Gee, That Was Fun
15. ディス・イズ・ノット・ザ・ワールド・アイ・サインド・アップ・フォー / This Is Not The World I Signed Up For *
*日本盤ボーナストラック

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事