ジャスティン・ティンバーレイクが新作アルバム『Everything I Thought It Was』のトレーラー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)が新作アルバム『Everything I Thought It Was』のトレーラー・ビデオを公開しました。

Justin Timberlake Presents: “EVERYTHING I THOUGHT IT WAS” – YouTube

Bradley Calder(ブラッドリー・カルダー)が監督を務めたトレーラー・ビデオでは、中央にガソリンスタンドのある荒野のセットの前に立つジャスティン・ティンバーレイクの後ろ姿が確認でき、自ら小型の車を手で動かしスタンドの前に並べる様子のみが表現されています。ナレーターは俳優のBenicio Del Toro(ベニチオ・デル・トロ)。

具体的なリリース日については発表されていませんが、2024年のうちにリリースされると見られる新作アルバム『Everything I Thought It Was』は前作『Man of the Woods』から約6年ぶりとなる6枚目のスタジオ・アルバム。1月19日金曜日の夜、故郷メンフィスのオルフェルム劇場で行われたコンサートでリード曲となる新曲「Selfish」を初披露していました。

THANK YOU MEMPHIS ❤️ #shorts #selfish #EITIW – YouTube

「Selfish」についても現時点でリリース日は発表されていませんが、ジミー・ファロンがホストを務める米人気番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』にゲストとして出演すること、そして1月27日には米人気番組『サタデー・ナイト・ライヴ』に音楽ゲストとして出演することも発表されています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事