テイラー・スウィフトが最新の全米ビルボード200で4枚のアルバムが同時にトップ10入りした初の女性アーティストに

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)が最新の全米アルバム・チャート、ビルボード200で4枚のアルバムがトップ10入りを果たし、4作品同時ランクインとなった初の女性アーティストとなりました。過去4枚のアルバムを同時にトップ10入りさせたアーティストは史上3組目。

Speak Now (Taylor's Version)Speak Now (Taylor’s Version)

1位を獲得したのが再録音盤シリーズ3作目としてリリースされた『Speak Now (Taylor’s Version)』。ビルボードによれば発売後1週間のユニット数(セールスとストリーミングなどの合算数)は716,000ユニットとなっており、そのうち507,000枚がアルバム・セールスに該当。2023年にリリースされたアルバムとしては最大のユニット数を獲得しています。

またこの記録により、テイラー・スウィフトは1週間に9枚のアルバムが50万枚以上売れた史上初のアーティストとなりました。さらにこれまで11枚のアルバムで首位を獲得し最多枚数記録を保持していたBarbra Streisand(バーブラ・ストライサンド)を抜き、最多12枚目となる首位となっています。

さらに5位に『Midnights』、7位に『Lover』、そして10位には『Folklore』が再浮上しトップ10に4作品が同時にランクインする快挙を達成。この記録はHerb Alpert(ハーブ・アルパート)が1966年4月2日付で達成して以来の快挙。最も多い記録は5作品で、2016年にPrince(プリンス)が亡くなった後の5月14日付で5作品がトップ10入りを果たしています。

『Midnights』は昨年リリースされて以降おおよそトップ10をキープしており、今年始まったワールド・ツアー『The Eras Tour』のセットリストの影響から『Lover』が再浮上。トップ10に返り咲いていました。他にも先週の時点で5枚のアルバムがトップ40にランクインしており、明日発表予定の最新チャートでどのような変動が起こっているかにも注目となります。

『Speak Now (Taylor’s Version)』は2010年にリリースされた『Speak Now』のオリジナル16曲の再レコーディングとFrom The Vault(意味:金庫の中から取り出した)と名付けられた未発表曲6曲の全22曲入り。

テイラー・スウィフトはリリースと同時にSNSでコメントを投稿。「ここです。それはあなたのものであり、私のものであり、私たちのものです。これは、私が18歳から20歳までの若い女性として過ごした気まぐれ、空想、心の痛み、ドラマ、悲劇について一人で書いたアルバムです。ストーリーを伝える正しい方法にこだわりながら、次から次へとトラックリストを作ったのを覚えています。私は自分の選択に対して無慈悲でなければなりませんでしたが、今でも絶対に誇りに思ういくつかの曲を残しました。したがって、From The Vaultトラックは6つあります。私はこのアルバムを32歳のときに録音しました (今も成長中ですが)、このアルバムを聴いたときの思い出が懐かしさと感謝の気持ちで満たされました。人生のために、あなたのために、私が自分の仕事を取り戻せるという事実のために。 私たちの堕落を打ち破る思い出を、何百万回もありがとう。」と述べています。

『スピーク・ナウ(テイラーズ・ヴァージョン)』の国内盤CDは8月16日に発売予定。
通常盤に加え、日本独自企画のデラックス・エディション(7インチ紙ジャケ仕様+ジャケ写デザインのオリジナル・ギター・ピック封入)も発売されます。
CDやアナログの購入はこちら

■トラックリスト
1. Mine (Taylor’s Version)
2. Sparks Fly (Taylor’s Version)
3. Back To December (Taylor’s Version)
4. Speak Now (Taylor’s Version)
5. Dear John (Taylor’s Version)
6. Mean (Taylor’s Version)
7. The Story Of Us (Taylor’s Version)
8. Never Grow Up (Taylor’s Version)
9. Enchanted (Taylor’s Version)
10. Better Than Revenge (Taylor’s Version)
11. Innocent (Taylor’s Version)
12. Haunted (Taylor’s Version)
13. Last Kiss (Taylor’s Version)
14. Long Live (Taylor’s Version)
15. Ours (Taylor’s Version)
16. Superman (Taylor’s Version)
FROM THE VAULT
17. Electric Touch (Featuring Fall Out Boy) (Taylor’s Version) (From The Vault)
18. When Emma Falls In Love (Taylor’s Version) (From The Vault)
19. I Can See You (Taylor’s Version) (From The Vault)
20. Castles Crumbling (Featuring Hayley Williams) (Taylor’s Version) (From The Vault)
21. Foolish One (Taylor’s Version) (From The Vault)
22. Timeless (Taylor’s Version) (From The Vault)

参考情報:Taylor Swift’s Re-Recorded ‘Speak Now’ Debuts at No. 1 on Billboard 200 With 2023’s Biggest Week

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事