トロイ・シヴァンが10/23リリース新作アルバムから新曲「Got Me Started」のミュージック・ビデオを公開

米TIME誌が“完璧なポップ・スター”と絶賛するポップ・アイコン、Troye Sivan(トロイ・シヴァン)が10月23日にリリースされる3枚目のスタジオ・アルバム『Something to Give Each Other』から新曲「Got Me Started」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Troye Sivan – Got Me Started – YouTube

Gordon von Steiner(ゴードン・フォン・シュタイナー)が監督を務めたミュージック・ビデオはバンコクで撮影され、トロイ・シヴァンが1日を過ごす中で街中で優しい瞬間を共有するカップルの一連の場面が映されており、コーラスではダンサーと共に踊る様子も捉えています。

オーストラリアのデュオ、Bag Raiders(バッグ・レイダース)による2008年の曲「Shooting Stars」をサンプリングした今作は、Ian Kirkpatrick(イアン・カークパトリック)がプロデュースしたR&Bポップ。Apple Music 1のZane Lowe(ゼイン・ロウ)とのインタビューでは、「これは私たちがアルバム用に書いた最初の曲のひとつで、ずっと心に残っていたんです。」と語っています。

トロイ・シヴァンは7月にアルバムからのリード曲「Rush」をリリース。SNSで新曲が5年ぶりとなってしまったことについて、先月プレビューを投稿した際には「5年もかかるつもりはなかった」と述べており、前作『Bloom』のツアーを終えてから常にアルバムに取り組んでいたことをあかしています。今作については「自信、自由、解放感」を感じながらも、自分を取り巻く「音楽やコミュニティと最もつながっている」と感じた経験を反映したものである述べています。

またアルバムリリースについては「このアルバムは私があなたに贈るものです。ダンスフロアでのキス、週末になったデート、片思い、冬、夏。パーティーに次ぐパーティー、二次会に次ぐパーティー。失恋、自由。コミュニティ、姉妹関係、友情。すべてのことに。」とコメントしています。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。