グリーン・デイが米ABCの大晦日特番に出演し披露した5曲の映像が公開!歌詞を変えて歌った「American Idiot」も話題に

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Green Day(グリーン・デイ)が米ABCの大晦日特番『Dick Clark's New Year's Rockin' Eve』に出演し披露した「Dilemma」、「Basket Case」、「Welcome to Paradise」、「American Idiot」、「Holiday」の映像が公開されました。

YouTubeGreen Day - "Dilemma" [2024 Dick Clark's New Year's Rockin' Eve] - YouTube

YouTubeGreen Day - "Basket Case" + "Welcome to Paradise" [2024 Dick Clark's New Year's Rockin' Eve] - YouTube

YouTubeGreen Day - "American Idiot" + "Holiday" [2024 Dick Clark's New Year's Rockin' Eve] - YouTube

2008年から放送されている同番組は主にニューヨーク市のタイムズスクエアから放送され、テレビパーソナリティのライアン・シークレストが主催する毎年恒例のボールドロップイベントの報道と、タイムズスクエアとハリウッドの人気ミュージシャンによるライブおよび事前録音された音楽パフォーマンスが大きく取り上げられています。

グリーン・デイはハリウッド・アクトに出演。「American Idiot」では“redneck(田舎者)”という歌詞を変え、代わりに「I'm not a part of the MAGA agenda.(俺はMAGAの議題の一部ではない)」と宣言。リードシンガーのBillie Joe Armstrong(ビリー・ジョー・アームストロング)が歌詞を変えてパフォーマンスしたのは今回が初めてではなく、2016年のアメリカン・ミュージック・アワードや2019年のiHeartRadio Music Festivalでも歌詞の変更を行いドナルド・トランプ氏を批判しています。

MAGAはMake America Great Againの略で、アメリカ合衆国の政治において用いられる選挙スローガン。トランプ氏の支持者を指す言葉としても知られています。

「American Idiot」は元々当時のジョージ・W・ブッシュ元大統領について書かれたプロテストソングとして知られていますが、政治的な側面でこれまでも話題にのぼることがあり、2018年にはドナルド・トランプ氏の訪英に反対する動きが英国で活発化したことで全英チャートでNo.1にしようとする運動がSNSで拡散。結果的に全英シングルチャートにリエントリーを果たし25位を記録、ロック&メタル・チャートでは1位を獲得しました。

グリーン・デイは1月19日に約4年ぶりとなる最新アルバム『Saviors』をリリース。ロンドンとロサンゼルスでレコーディングされたこの『Saviors』は、グリーン・デイとグラミー賞受賞プロデューサーのロブ・カヴァロによる最新の強力コラボレーションとなっています。過去にも1994年の『Dookie(ドゥーキー)』と2004年の『American Idiot(アメリカン・イディオット)』というバンドを代表する2枚のアルバムでも仕事を共にしています。このアルバムは『Dookie』の30周年記念盤としてリリースされ、ラスベガスで行われたサプライズ・ライヴでは、バンドはソールドアウトした超ファンたちの前で『Dookie』の収録曲を全て披露しています。

アルバムからは「The American Dream Is Killing Me」、「Look Ma, No Brains!」、「Dilemma」の3曲が先行リリースされており、「The American Dream Is Killing Me」は米ビルボードのロック・エアプレイ・チャートやメインストリーム・ロック・チャート、またカナダのロック・チャートで1位を獲得しています。

■『Saviors』トラックリスト
1. The American Dream is Killing Me / ジ・アメリカン・ドリーム・イズ・キリング・ミー
2. Look Ma, No Brains! /ルック・マ、ノー・ブレインズ!
3. Bobby Sox /ボビー・ソックス
4. One Eyed Bastard /ワン・アイド・バスタード
5. Dilemma /ジレンマ
6. 1981 / 1981
7. Goodnight Adeline /グッド・ナイト・アデライン
8. Coma City /コーマ・シティ
9. Corvette Summer /コルヴェット・サマー
10. Suzie Chapstick /スージー・チャップスティック
11. Strange Days Are Here to Stay /ストレンジ・デズ・アー・ヒア・トゥ・ステイ
12. Living in the ’20s /リヴィング・イン・ザ・トゥエンティーズ
13. Father to a Son /ファーザー・トゥ・ア・サン
14. Saviors /セーヴィアーズ
15. Fancy Sauce /ファンシー・ソース
16. Fever / フィーヴァー*
*ボーナス・トラック

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事