マーサ&ザ・ヴァンデラスの名曲がFODのオリジナルドラマ『I am…』内「マスタッシュガール」の エンディングテーマに決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

1963年7月に発売されたMartha and the Vandellas(マーサ&ザ・ヴァンデラス)の名曲「Heat Wave(ヒート・ウェイヴ)」が、2024年1月26日からFODで配信された全5話のオムニバス・ドラマ『I am…』の中で根本 宗子が監督・脚本を務め、柏木ひなたが主役を演じる「マスタッシュガール」のエンディングテーマとして使用されています。

Martha and the VandellasMartha and the Vandellas

オムニバス・ドラマ『I am…』は5人の監督と俳優が“23歳の私”をテーマとしてそれぞれの物語を綴る全5話のオムニバス形式のドラマ。その一つである「マスタッシュガール」は、夢にまで見た、ラジオ局への就職を手にした23歳の主人公、神部(柏木ひなた)は「世の中に面白い番組を届けたい」と意気込むがその熱意は、大人たちには相手にされず、悔しい日々を過ごしていました。そんなある日、ある出来事をきっかけに生放送中に大暴れ。「こんなのはおかしい!」と溜まった想いが爆発した主人公に人生で1番の修羅場と、ありえないミラクルが起きる爽快な物語となっています。

【公式】FODオリジナルオムニバスドラマ『I am…』脚本・監督・根本 宗子「マスタッシュガール」予告<FOD> – YouTube

そんなドラマのエンディングテーマとして使用されたマーサ&ザ・ヴァンデラスの名曲「ヒート・ウェイヴ」は、1963年7月、当時モータウンのサブ・レーベルであるゴーディから発売された曲。プロデューサーチームであるホーランド=ドジャー=ホーランドが作曲したこの曲はR&Bチャートでは自身初の1位、ビルボードホット100でも最高4位を記録。歌詞は恋に落ちた女性が自身の気持ちを歌うものとなっており、その想いが「ヒート・ウェイヴ(熱波)」として表現されています。

今回のドラマ「マスタッシュガール」での「ヒート・ウェイヴ」の使用は監督・脚本の根本 宗子たっての希望にて、使用が実現したもの。19歳で劇団・月刊「根本宗子」を旗揚げして以来、舞台の作・演出だけではなく自ら俳優としても活動している注目の人物がこめた想いを是非ドラマで実際にご覧ください。

Martha Reeves & The Vandellas – (Love Is Like A) Heat Wave – YouTube

■商品情報

マーサ&ザ・ヴァンデラス「ヒート・ウェイヴ」

マーサ&ザ・ヴァンデラス「ヒート・ウェイヴ」
配信中
楽曲リンク

■番組情報
FODオリジナルオムニバスドラマ『I am…』
脚本・監督・根本 宗子「マスタッシュガール」
・キャスト
柏木ひなた/武田 真治/馬場 ふみか/伊勢 志摩/佐藤 真弓/タカハシシンノスケ/定本 楓馬/三浦 貴大/濱田 マリ
・スタッフ
企画・プロデュース:石井浩二(フジテレビ)/下川猛(フジテレビ)/稲垣護(ギークピクチュアズ)■プロデューサー:鹿内植(フジテレビ)/中田晃生(ギークピクチュアズ)/枝靖隆(ギークピクチュアズ)/大野瑞樹(ギークピクチュアズ)/神西秀則(ギークピクチュアズ)/富木俊介(ギークピクチュアズ)■監督:渋江修平/鈴木健太/根本宗子/堀田英仁/森岡龍■制作:ギークピクチュアズ■制作著作:フジテレビ
配信ページ
公式HP

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事