カーディ・Bがカニエ・ウェスト、リル・ダークを迎えた新曲「Hot Shit」のミュージック・ビデオを公開

Cardi B(カーディ・B)がYe(イェ)ことKanye West(カニエ・ウェスト)Lil Durk(リル・ダーク)を迎えた新曲「Hot Shit(ホット・シット)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Cardi B - Hot Shit feat. Kanye West & Lil Durk - YouTube

Lado Kvataniya(ラド・クヴァタニヤ)がが監督を務めたミュージック・ビデオでは、幻想的な都市の超高層ビルの上にいるカーディ・Bを象徴としながら建物の側面を歩いていきます。白を基調としたシーンでは2台のロボットアームを両脇に火を操るカーディ・Bを特集しています。リル・ダークは橋の下に浮く車の上を拠点としながらレーザーで狙われています。カニエ・ウェストは雲の上でバイクを後ろに顔を隠すタイプのヘルメットをかぶっています。

「Hot Shit」は最新のビルボードホット100で初登場13位を記録。準備ができていたビデオの配信についてSNSでファンに問う場面もありましたが、ファンにとっては待望の公開となります。

2022年のBETアワードで行われたコマーシャルで最初に発表された今作は、Tay Keith(テイ・キース)がプロデュースを務めており、リード曲としては約1年半ぶりとなった新曲。大ヒットを記録した「WAP」よりも前に書かれたことをインタビューで明かしており、Marcia Griffiths(マーシャ・グリフィス)の1983年の曲「Electric Boogie」のサンプリングを含んでいます。

カーディ・Bは先週、ロンドンで行なわれたワイヤレス・フェスティバルにヘッドライナーとして出演。Megan Thee Stallion(ミーガン・ザ・スタリオン)がゲストとして出演し、久しぶりの2人で「WAP」のパフォーマンスが行われました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。