世界的に人気急上昇中のシンガーソングライター、ジェイミー・ミラーが新曲「I Lost Myself In Loving You」のミュージック・ビデオを公開

今世界で人気急上昇中のポップ・シンガーソングライター、Jamie Miller(ジェイミー・ミラー)がこれまでで最もパーソナルなシングル「I Lost Myself In Loving You(アイ・ロスト・マイセルフ・イン・ラヴィング・ユー)」をAtlantic RecordsとGeaux Uptown Recordsよりリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Jamie Miller – I Lost Myself In Loving You – YouTube

同曲はSierra Deaton(5 Seconds of Summer)とグラミー賞にノミネートされた経歴を持つJon Hume (Bebe Rexha, Dean Lewis, JP Cooper),と共に作詞されており、盲目的な恋の苦難を描いた率直で親密な曲となっています。

今作についてジェイミー・ミラーは、「この曲は、間違った相手に完全に恋をしてしまった後に書いたんだ。昨年バイセクシャルであることをカミングアウトした後、僕は初めてある男性と恋に落ち、自分の感情で完全に盲目になっていることに気づいた。一緒に過ごした時間は僕を欺き、心に傷を負わせたけど、この曲が少しでも誰かの傷ついた心を癒す助けになればと思う。」とコメント。

「I Lost Myself In Loving You」はBLACKPINKのジスが出演するDisney+で世界放映中の大ヒット韓国ドラマ『スノードロップ』のサウンドトラックのために収録された素晴らしいバラード曲「Wishes」に続いてのリリース。

同曲はたったの1週間で200万回以上のストリーミング回数を獲得、150万回以上のミュージック・ビデオ再生回数を記録しました。

Jamie Miller – Wishes (설강화 OST) – YouTube

また昨年、ジェイミーはバイラルヒットした曲「Here’s Your Perfect」で注目を集め、ビルボードのGlobal Ex-USチャートで13週間という長きにわたってランクインを果たしていました。ローリング・ストーン誌で「ブレイクアウト・ヒット」と評されたこの曲は現在までに全世界で3億3500万回以上ストリーミングされ、合計1億1000万回以上のミュージックビデオ再生回数を記録しています。

一方、ジェイミーのデビューシングル「City That Never Sleeps」は、グラミー賞にノミネートされたMNEK (Beyoncé, Dua Lipa), Noise Club (Liam Payne, Zedd) & Asia Whitacre (Hailee Steinfeld, 5 Seconds of Summer)により作曲/制作され、PEOPLE マガジン、ハフィントンポスト (「夢のようなポップデビュー」), ビルボード(「素晴らしい歌声とコントロール」) と話題を集めています。

イギリス・ウェールズで生まれ育ったジェイミーは、Bruno Mars, Sam Smith, Lewis Capaldiなどの現代の才能にインスピレーションを受ける以前は、両親の影響によるゴスペル、R&B、そしてソウルのクラシック(Donny Hathaway や Michael Jacksonのカタログなど)から初期の音楽のインスピレーションを受けていたと語ります。

当初は臆病な性格だったジェイミーは、18歳の時に勇気を出してロンドンに移転し、2017年に初めてイギリスの放送テレビに出演するまで、その天賦の才能を公にすることを敬遠していました。その後数年間、彼は最終的にロサンゼルスに移住し、自身のオリジナル音楽を作り上げると同時に、彼のあっと驚くようなボーカルの才能を継続的に披露したおかげでインターネット上での爆発的な支持を集めました。彼の音楽は世界のトップミュージシャンで、彼個人のアイドルたちでもあるKelly Clarkson, P!nk, Sam Smith, Jennifer Hudsonより称賛を浴びています。

Jamie Miller(ジェイミー・ミラー)Jamie Miller(ジェイミー・ミラー)

■楽曲情報

Jamie Miller「I Lost Myself In Loving You」

Jamie Miller / ジェイミー・ミラー
シングル「I Lost Myself In Loving You / アイ・ロスト・マイセルフ・イン・ラヴィング・ユー」
2022年1月28日
楽曲
ミュージック・ビデオ

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。