イマジン・ドラゴンズが昨年リリースした楽曲「Enemy」が日本でもミーム動画が大流行!プレゼントキャンペーンもスタート!

Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)が2021年10月にリリースした楽曲「Enemy(エネミー)」。日本でも、SNSや動画配信サービスを中心に、「Enemy」を使用する動画投稿がトレンドとなっており、男の子が「Who are you?(君は誰?)」と登場するビフォーアフター動画としても大流行しています。

【和訳MV】Imagine Dragons x J.I.D - Enemy - YouTube

この大ヒットを記念して、ユニバーサルミュージック洋楽公式ツイッターでは、「Enemy」Tシャツが当たるプレゼントキャンペーンがスタート(期間:4月22日~5月5日)。サビの特徴的な歌詞「Everybody wants to be my enemy(みんな俺の敵になりたがる)」が背中にプリントされた、ファン心をくすぐるTシャツとなっています。

「Enemy(エネミー)」は全米シングル・チャートでトップ5にランクインし、ロングヒットを記録中。米ビルボード・ソング・チャートでは、リリースから約4か月を経てトップ10入りの8位にランクインした後、チャートは上昇し続け、現在最高位の5位となっています(4/23付)。

イマジン・ドラゴンズにとっては、2013年の「Radioactive」3位、同年「Demons」6位、2017年「Believer」4位、同年「Thunder」4位に続く5曲目の全米トップ10入りとなり、J.I.D(ジェー・アイ・ディー)にとっては初のトップ10入りを果たした楽曲となりました。

「Enemy」は、人気オンライン・ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』初のアニメ・シリーズ『アーケイン』のメイン・テーマ曲で、同アニメは昨年11月に公開されて以降大きな話題を集めており、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる今年のアニー賞(第49回)でテレビ部門総なめの9冠を受賞する快挙を遂げています。J.I.Dコラボレーションと単独バージョンを含む2つのバージョンがあり、これまでに計16億回再生以上のグローバルストリームを記録しており、リリースからチャートインしているSpotify TOP 200グローバルチャートでは最高3位、現在もなお5位をキープする驚異的なヒットとなっています。

イマジン・ドラゴンズは、来月の5月15日に米ラスベガスで開催されるビルボード・ミュージック・アワード2022(BBMAs)の4部門にノミネート、そして『アーケイン』のサウンドトラックは1部門にノミネートされており、デビューから現在の10年間、勢いを止めることなく成功しているロックバンドとしても注目を浴びています。さらに7月1日(金)にはダブル・アルバム『Mercury - Acts 1 & 2』のリリースが発表されています。

Imagine Dragons x J.I.DImagine Dragons x J.I.D

Imagine DragonsImagine Dragons

■商品情報

Imagine Dragons x J.I.D「Enemy」

イマジン・ドラゴンズ「Enemy」配信中
試聴・購入
ダブル・アルバム『Mercury - Acts 1 & 2』(7/1リリース)
プレオーダー

■イマジン・ドラゴンズ アーティスト情報
日本公式HP
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。