ピンクが約1年ぶりとなる新曲「Irrelevant」をリリース!収益はミシェル・オバマ元米大統領夫人の団体へ寄付

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

P!nk(ピンク)が約1年ぶりとなる新曲「Irrelevant(イレレヴァント)」をリリースし、音源を公開しました。

P!nk – Irrelevant – YouTube

今作がリリースされた背景には「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を示し、各州が中絶を違法とすることを認めたことに対する抗議をSNSで行った際に反発のコメントを受けたものとみられており、

「関係ないだろ」といった趣旨の言葉をそのままタイトルとした今作。TikTokで投稿された動画はかなりの反響を呼び急遽リリースが決定しました。

@pinkofficial Irrelevant #shutupandsing #challengeaccepted ♬ Irrelevant – P!NK

ピンクらしいパワフルな楽曲になっており、自分を見えなくしたり無力に感じさせようとするすべての人を引き受ける1曲となっています。楽曲の収益はミシェル・オバマ元米大統領夫人の無党派の投票イニシアチブである団体「When We All Vote」に寄付するとしています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事