ケラーニが待望の新作アルバムから新曲「everything」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

これまでグラミー賞に2回ノミネートされ、プラチナ・ディスク認定を13回獲得したシンガーソングライター、Kehlani(ケラーニ)が待望の新作アルバム『Blue Water Road(ブルー・ウォーター・ロード)』から新曲「everything(エヴリシング)」をリリース、ミュージック・ビデオを公開しました。

Kehlani – everything – YouTube

Khufu Najee(クフ・ナジー)と共に自身で監督を務めたミュージック・ビデオでは、Instagramのストーリーで、「バラードのラップ・ビデオ」と呼ぶほど、ヒップホップ色の強い映像になっており、落ち着いたサウンドとは対照的にホームパーティーや黒のジャケットと白いスニーカーが主流のコスチュームに身を包む男性などをフューチャーしています。

「アルバム『blue water road』は、私の心の中の目的地よ」
「私は皆にアクセス権を与えている。感情の旅であり、性の旅であり、精神の旅でもある。私にとって、このアルバムはガラスの家のようなもの。軽くて、透明で、その中を太陽が照らしているんだ。」と説明している最新アルバム『Blue Water Road』。

2021年2月、ローリングストーン誌のインタビューで、前作『It Was Good Until It Wasn’t』のデラックス・バージョン用に作成された曲を録音したことを共有していましたが、曲は別のアルバムにうまく収まるように感じ、新たに3枚目のスタジオ・アルバムとして再構築されました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事