ケミカル・ブラザーズがヘイロー・モードを迎えた新曲「Live Again」の音源を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

The Chemical Brothers(ケミカル・ブラザーズ)がフランス出身のHalo Maud(ヘイロー・モード)を迎えた新曲「Live Again」をリリースし、音源を公開しました。

The Chemical Brothers – Live Again (featuring Halo Maud) – YouTube

本曲はフィルターがかかったギターリフと、切り刻んで再構築されたヴォーカル・ライン、そしてそれとは対照的なヘイローの天使のため息のような歌声から幕を開ける本曲は、ノイズと美しいヴォイスのその対照性が曲全体の特徴を成す至福のジェットコースターのようなつくりで、“We will live again”と歌う、断固とした希望に満ちたトラックとなっています。

The Chemical BrothersThe Chemical Brothers

■商品情報

The Chemical Brothers「Live Again feat. Halo Maud」

ニュー・シングル「Live Again feat. Halo Maud」
試聴・購入はこちら

■プロフィール
ケミカル・ブラザーズは、デビュー以来、ロックとダンス・ミュージックを繋ぐ架け橋としての役割を大きく担ってきたパイオニアであり、斬新なビート・センスと先進的なトラック・メイクで数多くのヒット作を世に送り出し、マルチ・プラチナ認定と数々の賞を受賞している史上最も影響力のあるエレクトロニック・デュオ。ダンス・ミュージックの概念を壊し、ロックと融合させることにより、ビート重視のダンス・ミュージックでは味合うことのできない臨場感を味合うことのできる新しいダンス・ミュージックを構築。その革新的な音楽性により、その後出てきた様々なグループに多大なる影響を与えてきた。
30年以上の経歴の間で9作の先駆的なアルバム、素晴らしいミュージック・ビデオ、そして音楽に加えて光、スモーク、映像などで緻密に練られた心を揺さぶるライヴで境界線を打ち破ってきた。
1300万枚以上のアルバム(全英1位を6回獲得)と約2000万枚以上のシングルのセールスを記録し、楽曲は30億回以上再生されている。
日本でもフジロックフェスティバルのヘッドライナーを務め、多くのCMに楽曲が起用されるなど高い人気を誇る。

■リンク
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事