次世代ポップ・スターMAXがLAの注目ラッパーDUCKWRTHをフィーチャリングに迎えた新曲「SAY LESS」好評配信中!2/16(金)に豪華アーティスト参加のフル・アルバム『LOVE IN STEREO』リリース決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ジャンルレスな次世代ポップ・アーティストMAX(マックス)はLAベースのラッパー兼SSW、Duckwrth(ダックワース)を客演に迎えた新曲「SAY LESS(セイ・レス)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

MAX – SAY LESS (feat. Duckwrth) – YouTube

作曲家陣にはTuxedo(タキシード)のフロントマンでも知られるMayer Hawthorne(メイヤー・ホーソーン)も参加。当楽曲は既にアナウンスされている2月16日(金)リリースの約4年ぶりのフル・アルバム『LOVE IN STEREO』からの先行配信楽曲となります。

マックスはこの楽曲について、「『SAY LESS』は、メイヤー・ホーソーンや作曲チーム全員の協力もあって、今までリリースした曲の中で最も好きなファンキーなダンス・ソングなんだ。ダックワースは最高のバースを書いてくれている。世界中の人たちがこの曲で踊ってくれることを願っているよ。」とコメント。

マックスは『LOVE IN STEREO』を通してさまざまな感情と音のヴァイブスにチューニングを合わせており、アルバムのフォーカス・トラックは「STUPID IN LOVE」で、K-POPガールズグループ LE SSERAFIM(ルセラフィム)のHUH YUNJIN(ホ・ユンジン)がフィーチャリング・アーティストとして参加。こちらの楽曲はSNS上でティザー音源が公開されており、楽曲を使用したユーザーの投稿件数は既に約2,700件にも及び早くも注目を集めています。(2024年1月19日現在)

アルバムにはユンジンとの初コラボ曲に加えて、プラチナ認定を受けた 「Butterflies feat. Ali Gatie」、1億回以上の楽曲再生回数を誇る「IT’S YOU feat. keshi」、「GUCCI BAG」、「WASABI」、そしてUSポップ・ラジオのトップ40にチャート・インを果たした 「STRINGS feat. JVKE & Bazzi」等のヒット曲も収録予定。

『LOVE IN STEREO』のリリースを記念してマックスはニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスの3都市でライヴ開催を発表しており、チケットは即SOLD OUTと、アルバムへの期待の高さが伺えます。

MAXMAX

■商品情報

MAX feat. DUCKWRTH「SAY LESS」

アーティスト:MAX feat. DUCKWRTH/ マックス feat. ダックワース
シングル:SAY LESS / セイ・レス
リリース:2024年1月19日(金)
配信リンク
アルバム:LOVE IN STEREO / ラヴ・イン・ステレオ
リリース:2024年2月16日(金)
配信予約リンク

■『LOVE IN STEREO』トラックリスト
1. STUPID IN LOVE (feat. HUH YUNJIN of LE SSERAFIM)
2. IT’S YOU (feat. keshi)
3. SAY LESS (feat. DUCKWRTH)
4. WOAH
5. GUCCI BAG
6. KEEP IT CHILL
7. LOVE NEVER FELT LIKE THIS
8. STRINGS (feat. JVKE & Bazzi)
9. SUMMER ‘16
10. WASABI
11. BUTTERFLIES (feat. Ali Gatie)
12. EDIE CELINE

■MAX プロフィール
マルチプラチナを獲得した次世代ポップ・アーティスト。
GQが「Young Pop God」と名付け、Billboardが「今後必ず注目すべきトップのポップ・スター」と絶賛した彼は、iHeartRadio Music Awardsで見事<最優秀新人ポップアーティスト賞>を受賞した。
2016年、トリプル・プラチナを獲得したシングル 「Lights Down Low」でブレイクを果たす。この曲はHot ACラジオで1位に輝き、多くの国でプラチナ・ディスクを獲得した。それ以来マックスは15億回以上のストリーミング数を記録し、他にも数多くのマルチ・プラチナ・ソングをリリース、2020年9月には2枚目のポップ・アルバム『Colour Visions』を発表し、BTSのSugaからChromeo、Hayley Kiyokoからkeshiまで、あらゆるアーティストとコラボレーションをしてきた。最近ではBTSのシングル「Yet To Come」を共作し、ビルボード全米チャートで1位を獲得している。

■リンク
Warner Musicウェブサイト
Instagram
YouTube
TikTok
X

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事