カロルGが最新アルバム『MAÑANA SERÁ BONITO (BICHOTA SEASON)』から「MI EX TENÍA RAZÓN」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

KAROL G(カロルG)が最新アルバム『MAÑANA SERÁ BONITO (BICHOTA SEASON)』から「MI EX TENÍA RAZÓN」のミュージック・ビデオを公開しました。

KAROL G – MI EX TENÍA RAZÓN – YouTube

Pedro Artola(ペドロ・アルトラ)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、シックな半透明のカウボーイ・ハットをかぶったカロルGが水辺のセットでバックバンドを率いて歌う姿を描いた映像となっています。

この曲は、彼女が過去に「200 Copas」や「Gucci Los Paños」などの曲で探求してきたジャンルであるメキシコ地方音楽への明確な賛歌となっており、自身のインスタグラムではミュージック・ビデオを知らせる映像と共に「私が生涯ずっと追い続け、賞賛してきた音楽スタイルと、今日私に起こるすべてがいつか可能になるかもしれないと信じさせてくれたアーティストへの特別な献身、セレナ・キンタニーヤ。️愛しています!」とこの曲をテハーノの女王、Selena Quintanilla(セレナ・キンタニーヤ)へ捧げたものだと受け取れるコメントを残しています。

最新アルバム『MAÑANA SERÁ BONITO (BICHOTA SEASON)』は全スペイン語のアルバムとして女性アーティスト史上初の全米1位を獲得したアルバム『MAÑANA SERÁ BONITO』の姉妹作品として、先月リリースされた「S91」に加えてゲストとしてPeso Pluma(ペソ・プルマ)Kali Uchis(カリ・ウチス)、Cris MJ(クリスMJ)、Ryan Castro(ライアン・カストロ)、Dei V、Young Miko、さらにTiësto(ティエスト)が大ヒット曲「Provenza」のリミックスで参加しています。

リリース後、アメリカのApple Musicでは1位を獲得しており、またリリース日と同日よりカロルG史上初の全米横断スタジアム・ツアー『Mañana Será Bonito Tour』がスタート。8月11日金曜日にはラスベガスのアレジアント・スタジアム行われ、ライブ・ネイションがプロデュースする6日間のツアーは、カリフォルニア州パサデナ、フロリダ州マイアミ、テキサス州ヒューストンとダラス、ニュージャージー州イーストラザフォードなど全米各地を巡る予定です。

■『MAÑANA SERÁ BONITO (BICHOTA SEASON)』トラックリスト
1. Bichota G
2. Oki Doki
3. Mi Ex Tenía Razón
4. S91
5. Qlona (ft. Peso Pluma)
6. Una Noche en Medellín RMX (with Cris MJ and Ryan Castro)
7. Me Tengo Que Ir (ft. Kali Uchis)
8. Gatita Gangster (ft. Dei V)
9. Dispo (ft. Young Miko)
10. Provenza (Tiësto RMX) (with Tiësto)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事