2023年1月27日のドキュメンタリー映画『ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~』出演者第1弾42名発表!!

2023年1月27日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショーすることが決定しているThe Beatles(ザ・ビートルズ)のレコードデビューから60年となるタイミングで製作されたドキュメンタリー映画『ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~』。この度、出演者第1弾42名が発表されました。

ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~出演者ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~出演者

1966年6月、4人はやって来た。ビートルズ最初で最後の来日公演である。しかし、その道のりは必ずしも平坦ではなかった。50年代からビートルズ登場までの日本ポピュラー史を紐解きながら、ビートルズ来日、さらには彼らが日本音楽界に及ぼした影響までを追う渾身のドキュメンタリー。

出演者として発表されたのは、音楽評論家から罵られても人気獲得のためにあの手この手を尽くした髙嶋弘之(初代ビートルズ担当ディレクター)、日本で最初に取材を成功させた星加ルミ子(元『ミュージック・ライフ』編集長)、来日時の彼らと対面することができた湯川れい子(音楽評論家)、ツアー・マネージャーとして彼らの身近にいたトニー・ブラムウェル(元アップル・レコード)をはじめ、日本の洋楽黎明期を支えビートルズ来日当時の話にも明るい朝妻一郎(音楽評論家)、さらにはこの人がいなければ来日実現はなかったと言われる故永島達司(協同企画)の奮闘ぶりを知る当時の関係者であるホリプロ創業者・堀 威夫や野地 秩嘉(ノンフィクション作家・永島達司を5年間取材)まで、次々飛び出す貴重な証言。ビートルズ研究家の藤本国彦、大村亨らの検証も交えながら多角的にアプローチ。

その他、ジョン・レノンの実妹であるジュリア・ベアード、康 芳夫(プロモーター)、安倍 寧(音楽評論家)/新井憲子(元ビートルズ・ファンクラブ会員)/石黒 良策(元協同企画社員)、石坂 邦子(石坂範一郎の長女)/磯崎 英隆(レコード研究家)/沖 和則(元読売新聞社 企画部)、小倉 禎子(元協同企画エージェンシー)/加藤 節雄(元英国通信社カメラマン)、亀渕昭信(ラジオ・ディレクター/DJ、音楽評論家)/草野 浩二(元東芝音楽工業・音楽プロデューサー)、桑島 滉(元中村八大マネージャー)/高 護(音楽プロデューサー・歌謡曲研究者)、コンドン 聡子(元日本航空客室乗務員)/齋藤 嘉男(元日本武道館 総務部)/佐々木 恵子(カメラマン)、佐藤 剛(音楽プロデューサー・ノンフィクション作家)/佐藤 孝吉(元日本テレビ ディレクター)、高橋 克彦(直木賞作家)/武田 裕(永島達司の元秘書)/土岐 育子(ライオン アーカイブ室長)、長沢 純(元スリーファンキーズ リーダー)/中村 力丸(中村八大の長男)新田 和長(元東芝音楽工業・音楽プロデューサー)/長谷部 宏(カメラマン)/フリーダ・ケリー(ビートルズ元秘書)、ブルース・スパイザー(ビートルズ研究家)/ボブ・ユーバンクス(米国公演プロモーター)、本多 康宏(ビートルズ鑑定士)/曲直瀬 信子(元坂本九マネージャー)、水原 健二(元東芝音楽工業・2代目ビートルズ担当ディレクター)、宮永 正隆(金沢大学オープンスクール ビートルズ大学学長)の42名。

ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

■作品内容
わずか8年足らずの活動で世界中を熱狂させ、デビューから60年以上経った今もなお語り継がれる伝説のロックバンド“ザ・ビートルズ”。彼らはどのようにして日本で空前の大人気バンドになったのか。どのような軌跡で伝説の日本武道館公演が実現されたのか。そして、今もザ・ビートルズが広い世代に愛される理由とは何なのか。武道館公演の舞台裏で活躍した知られざる立役者や熱狂の渦を目撃した証言者達は、何を思い何に突き動かされたのか。
当時の映像と総勢50名以上のあらゆる年代の各界著名人の証言と想いを通して、日本における新たなザ・ビートルズ史を描くドキュメンタリー。

■作品概要
『ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~』
2023年1月27日(金)公開
監督:東考育
制作プロダクション:テレビマンユニオン
配給:KDDI/WOWOW
配給協力:ショウゲート
製作:製作委員会(WOWOW、KDDI、テレビマンユニオンほか)
©「ミスタームーンライト」製作委員会
公式HPアカウント
公式Twitterアカウント
公式Facebookアカウント

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。