フジロックで初来日を果たしたd4vdがMVとともに新曲「Notes From A Wrist」のミュージック・ビデオを公開!9/8にEP『Petals to Thorns』を発売することも発表

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

テキサス州ヒューストン出身の実力派新人アーティストd4vd(デヴィッド)が新曲「Notes From A Wrist(ノーツ・ フロム・ア・リスト)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開。また、9月8日に新たにEP 『Petals to Thorns(ザ・ロスト・ペタルズ)』を発売することも発表され、トラックリストが公開された。

d4vd – Notes From A Wrist – YouTube

Erik Rojas(エリック・ロハス)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、d4vdの人生が目の前でフラッシュし、失恋の幻影を見るという内容になっています。この曲について彼は「この曲は、うつ病と闘っていた幼なじみのことを書いたんだ。この曲は、不安定な家庭で経験する痛みを描いていて、僕と同世代の多くの人が経験し、共感できるものなんだ。サウンドはとても削ぎ落とされていて、ボーカルはまるで頭の中に迫ってくる声のようだよ」とコメントしています。

d4vdd4vd

■商品情報

デヴィッド「ノーツ・ フロム・ア・リスト」

ニュー・シングル「ノーツ・ フロム・ア・リスト」配信中
試聴・購入はこちら

■『Petals to Thorns』トラックリスト
1. Notes From A Wrist / ノーツ・フロム・ア・リスト
2. Hollow Prayers / ホロウ・プレイヤーズ
3. Rehab / リハブ
4. Poetic Vulgarity / ポエティック・ヴァルガリティ
5. Once More / ワンス・モア

■アーティスト情報
HP
Instagram
X
Sound Cloud
TikTok

■バイオグラフィー
2005年3月28日生まれ(現在18歳)のテキサス州ヒューストン出身。ホームスクールで育ち、元々は熱心なゲームプレイヤーだった彼は、『フォートナイト』をプレイしながらゲーム配信をし、YouTubeにプレイ画面の切り抜き動画をアップロードする際、著作権に引っかからないように妹の狭いクローゼットの中でiPhoneのアプリのみを使って音楽を制作し楽曲と共に動画をアップ。彼の視聴者や仲間のゲームプレイヤーから楽曲をリリースした方がいいよ!と熱烈な関心を集めた。d4vdはまた、TikTok上でBandLabというアプリを使って自分の音楽の別バージョンをアップロードし、数百万以上の再生数を記録。その中でも「ロマンティック・ホミサイド」はSpotify USトップ50チャートで18位、Spotify USバイラルチャートで1位、Spotifyジャパン・バイラルチャートでも1位を獲得。瞬く間にアーティストとしての才能を開花させた。また、父の影響で幼い頃からたくさんの日本の沢山のアニメに影響を受けてきた少年は「日本の数々の素晴らしいアニメのように自分の楽曲にもd4vdverse(d4vdの世界観)を展開し僕の世界観に入り込んでくれるような深みのある曲を書きたい」と語っている。そして2023年7月にはフジロックに出演、初来日という夢を叶える。実力派新人のアーティストとしてのストーリーはまだ幕を開けたばかりだ。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事